Top
キンピラか奈良漬か
毎度のお運び様、
厚く御礼申し上げます。

えー、”瓜売りが
瓜売りに来て、瓜売り残し
売り売り帰る瓜売りの声”
なーんて事を・・・・・・・・

下の画像の物体、
正真正銘、瓜の仲間だ。

その名は”隼人瓜”、
別名、”千成瓜”とも呼ばれている。
c0135543_1725949.jpg


原産地は熱帯アメリカ、
日本には大正年間
鹿児島に入ってきた。

だから、隼人瓜の名前がつけられたのだが
木にぶら下がっている様からは
別名の千成瓜のほうが相応しい。
c0135543_920591.jpg

お隣の中国では
”拳闘瓜”、或いは”仏手瓜”の名前で
縁起物として贈りものに利用される事が多い。

森のカフェ、”あみん”にて、
お茶うけとして
奈良漬で出て来たのが最初の出会いだ。

なかなかどうして
風味と食感が魅力的!
ひとつ分けて貰った。

食べ方としての一押しが
キンピラと聞き
東京に帰った当日、
早速試してみた。



c0135543_923835.jpg

包丁で切る手ごたえは
硬い梨に良く似ている。
c0135543_9235355.jpg

半身は漬物用とし
せっせとキンピラ用に切っていく。

後は通常通り
鷹の爪を胡麻油で熱した所に
隼人瓜を投入し
塩、酒、和風だし、醤油、砂糖で
味を整える。
c0135543_9242948.jpg

胡麻を振りかけて口に含む。

若干シンナリトしているが
オカズの一品として
十分に通用する。

但し、いくらなんでも
これだけで夕食というわけにはいかない。

冷凍庫に入っている
カレイの干物が主役となる。
(但し完成品の見栄えが悪く
 画像には主役不在となる)
c0135543_9251697.jpg

隼人瓜以外の脇役は
春菊の胡麻和え、
加賀レンコンのすり身揚げと
オリーブオイル焼とする。
c0135543_92604.jpg


c0135543_9264295.jpg

飲み残してあった
新潟の濁酒が腹に沁みる。
c0135543_9271654.jpg

[PR]
by shige_keura | 2008-11-06 09:23 | | Comments(0)
<< 日本シリーズと選手の育成 鳥のさえずりを聞きながら >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.