Top
名探偵登場!
ご同輩諸氏の皆々様。

子供の頃
推理、探偵小説の本を
読まなかった方はおられないだろう。

パイプをくゆらせたホームズが登場すれば
霧深いロンドンの町を想像し
山高帽に片眼鏡と来れば
ルパンと共に華やかなパリが浮かんできたものだった。

そして、日本の名探偵といえば
これは明智小五郎に止めをさす。
c0135543_2236882.jpg

日本推理小説の草分け
江戸川乱歩氏が作り上げた名探偵と
怪人二十面相との闘いに
血湧き肉躍らせた日が懐かしい。
c0135543_22365545.jpg

我等が子供の頃のヒーロー
明智小五郎が
11月の国立劇場
歌舞伎の舞台に颯爽と立つ。
c0135543_22373711.jpg

時は時空を越えた江戸末期
明智小五郎は隠密廻り同心として
十手を持って登場する。

相手は二十面相に代わって
豹の目、爪、舌を持って
美女の血を吸う
人呼んで人間豹。




配役は松本幸四郎の明智小五郎に対し
殺人鬼・人間豹に市川染五郎
注目の親子対決である。
c0135543_22381514.jpg

演題が「江戸宵闇妖鉤爪」(えどのやみあやしのかぎつめ)、
まさに江戸川乱歩十八番のおどろおどろした
妖しげな雰囲気が詰まった舞台である。

幸四郎は流石に親の貫禄
あくまでも重厚に名探偵を演じている。

歌舞伎の舞台に限れば
その安定感は
今や、弟の吉右衛門を圧倒している。

一方の染五郎はといえば、
若い頃の線の細さは影を潜め
悪の限りを尽くす
非道なる殺人鬼を
迫力満点に演じている。

舞台を縦横に使った
宙吊りに高飛び、
クライマックスの大凧宙乗り、
スペクタクルの味付けも華やか!

脚色から演出
そして配役、舞台装置、照明、音響
ものの見事に一体化された
上質の新作歌舞伎と言って良いだろう。
[PR]
by shige_keura | 2008-11-11 09:22 | | Comments(0)
<< 口約束は”死んだらゴメン” 舞と踊り >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.