Top
半年振りの舞台復帰
難病の白血病手術後半年
第12代目市川団十郎が
新春の国立劇場の舞台に立つ。

演目は歌舞伎十八番
成田屋の得意芸
荒事の「象引」だ。

歌舞伎十八番とは
天保3年(1832年)
7代目団十郎が
長男に8代目を譲るときに
成田屋のお家芸18演目を
公表したものである。

いずれもが歴代団十郎が得意とした
”荒事”の当たり芸、
よって、”荒事の成田屋”と
呼ばれるようになった。

尚、十八番を”おはこ”と言うのは
成田屋が十八番の台本を
大事な”箱”に保管していたからだと言う。
c0135543_18343260.jpg




お正月の国立劇場。
c0135543_18364261.jpg

門松が飾られ
こもかぶりの樽が並ぶ。
c0135543_18373657.jpg

場内には笛や太鼓のお囃子、
そして獅子舞、
いつもより多い和服姿のお客様姿が
雰囲気をいやが上にも盛り上げている。
c0135543_1839157.jpg


c0135543_18401325.jpg


c0135543_18404966.jpg

演目の”象引”は
正義の味方の荒武者が
権力を振りかざす大悪人と
巨大な象を力の限り引き合う、
まさに正月に相応しい派手やかな内容。

舞台中央、仁王立ちの団十郎の口からは、
c0135543_18413429.jpg

「半年振りの舞台、
 思い切り勤めさせていただき候・・・」

満場からは待ちに待った
団十郎の復帰に
惜しみの無い拍手が沸いた。
c0135543_18421472.jpg

大病の手術からわずか半年
覇気の点で
若干の物足りなさを覚えるのは致し方ない。

しかし、それを補って余りある
初春らしい賑やかで
お目出度いお芝居だった。
c0135543_18424840.jpg

[PR]
by shige_keura | 2009-01-06 12:17 | | Comments(0)
<< 醜い笑い顔 ”連”に”仏”は危険な兆候 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.