Top
正月の名残 (こだわりの天丼)
これはウイークエンド時の話ではない。

1月8日、木曜日
11時過ぎから15時ごろまで、
場所は浅草、浅草寺界隈である。

この日の午前中、
私は上野の美術館で時間を費やした。
c0135543_954279.jpg

さて、見学後、
何処で昼食をと迷うのが常だが
この日ばかりは心に決めていた。

浅草、大黒家の”天丼”だ!!

”天麩羅”と”天丼”
これは似て非なるものだと思っている。

何故なら、両者に共通している主役
海老様のコンセプトが異なるからだ。

”天麩羅”の海老、
これはプリプリの小さな
”さいまき海老”であるべきだ。

衣は出来るだけ薄いのが好ましい。

カリッと上がったやつを
熱いうちに塩で頬張る。

”さいまき”の上品な甘みがジュワーっと!!




一方の”天丼”の海老、
これは大ぶりが好ましい。

出来れば海老の尻尾が
丼からはみ出しているぐらいが理想的だ。

               (大黒家のホームページに見る天丼、これは!!)
c0135543_962928.jpg

衣は”天麩羅”のように薄着では駄目、
風邪を引かぬぐらい
ちゃんと衣をまとっているべきだ。

揚げ方だけは同じ
”カリッと”してなければ落第である。

それをピカピカの銀シャリに載せ
チョッピリ濃い目の汁をかけ回す。

シジミの味噌汁に
沢庵でもついていれば
これは”御の字”だ。

このような”天丼”を
大黒家で食べた覚えがある。

ただ、心配なのは
それが30年も前のことなのだが、

それを確認する楽しさも手伝って
上野からいざ浅草に見参したのが
1月8日の昼前の事だった。
c0135543_974445.jpg

さて、浅草の雷門、
松の内が開けたとは言え
正月の名残が色濃く残っている。

浅草寺へ通じる仲見世
予想を遥かに超える人手である。
c0135543_98465.jpg

これは、早いところ大黒家に
急がねばならない。

”大黒家・別館”
何故か森閑としている。
c0135543_992266.jpg

入り口には張り紙が、
「今日はお休み
 本館は営業しております」

実に厭な予感がしてきた。

そして、その不安は
ものの見事に的中するのだが・・・

続きは明日へ、
[PR]
by shige_keura | 2009-01-14 08:54 | | Comments(0)
<< 正月の名残 (予定外、予想外、... その差2センチ!! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.