Top
沖縄ーオキナワ 見聞録 (夏はすぐそこ)
沖縄(オキナワ)と言う言葉には
どことなくエキゾチックな響きが漂う。

しかし、沖縄とオキナワでは
同じエキゾチックでも
両者の間に大きな隔たりがあるのではないか。

”沖縄”の場合は
古く”琉球”時代からの
煌びやかな
東アジア海洋文化の香りが一杯だ。

一方の、”オキナワ”からは
米軍占領下の時代に
築き上げられていった
アメリカ風の”バタ臭さ”を嗅ぎ取ってしまう。

この地には、かつての王朝に支えられた豊かな文化、
その一方では、
南国の明るい自然とは裏腹の苦渋の歴史が存在している。

”琉球”から”沖縄”へ
そして”沖縄”から”オキナワ”を経て”沖縄”へ。

今回、3泊4日の沖縄旅行で
今まで知らなかった
この地の様々な表情を知ることが出来た。



1月27日の羽田空港、
思っても見なかった人の波である。
c0135543_21332283.jpg

飛行機はほぼ満席、
朝の天気予報によると、沖縄は雨、
出鼻を挫かれたスタートとなった。

ところが、到着間近の機内放送、
「到着地、那覇は晴れ!」

後で知ったのだが
沖縄の天気は極めて予報が難しく
当らないことが日常茶飯事だという。

飛行場の外に出る。

12月、1月は
沖縄で最も寒い時期の筈なのだが
吹き抜ける風は初夏を思わせる。

東京の寒さで固まった身体が
たちまちの内にほぐれ
伸びやかな心持となってくる。
c0135543_21344296.jpg

ハイビスカス、ブーゲンビリアの花々が
南国情緒を醸しだしている。
c0135543_21351226.jpg

ゴルフ場には半袖で
心地よい汗をかきながら
プレーを楽しむ人たち。
c0135543_21354667.jpg

浜辺には燦燦とした太陽を浴びて
水遊びに興じる子供達。
c0135543_21362962.jpg

ホテルのプールは
いつからでも泳げるように
準備万端の気配が漂っている。
c0135543_2137924.jpg

沖縄での海開きは3月、
あと1ヶ月もすれば夏の到来となるのだ。
c0135543_2141569.jpg

今回の旅行、
結果から言ってしまうと
実に充実且つ楽しいものだった。
c0135543_21374730.jpg

それは天候に恵まれた事もあるが
沖縄の豊かな自然、
興味ある歴史、特色のある食材等に
因るものだった。

更に加えて、沖縄の人たちが持つ
優しく人懐こい笑顔が
楽しい旅行を支えてくれた。

明日からは暫くの間
幾つかの角度から
沖縄見聞録を進めてみたい。
[PR]
by shige_keura | 2009-02-02 10:24 | | Comments(0)
<< 沖縄ーオキナワ 見聞録 (桜に鶯) 不思議な球団 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.