Top
沖縄ーオキナワ 見聞録 (桜に鶯)
年が明ける、
寒さはまだまだ厳しいが
或る日、春の訪れの気配を感じる。

”梅一輪一輪ほどの暖かさ”とは
よく言ったものである。

梅の蕾が開き
鶯が飛んできて
”ホーホケキョーーーー”

これが首都圏に住む人々の
季節に対するイメージだろう。

                (動きが素早くて撮るのが難しい、
                 画像の中央の下に居るのが分るかな?)
c0135543_9571836.jpg

ところが沖縄では
桜の花に鶯が飛び交い
蜜を吸っている。。

                 (下の左端に居ると思うのだが・・・・)
c0135543_958864.jpg

下の画像は2006年3月
自由ヶ丘で行った
最初の展示会のものだ。
c0135543_9591550.jpg

木曽保人さん制作の大きな壷に
偶々、家内の実家で満開の
寒緋桜を生けた。

この沖縄原産の”寒緋桜”を
1月にこの地で見物出来るとは
夢にも思っていなかったのだ。





ここは沖縄第二の都市
名護から北に約30分
八重岳周辺である。
c0135543_1053636.jpg

ここで、今まさに
満開の寒緋桜を愛でる
”桜祭り”が開かれていた。
c0135543_1062663.jpg


c0135543_10769.jpg

八重岳の麓の桜はまだ5分咲き、
それが中腹にかかると満開となり、
頂上付近の桜は
既に満開を過ぎている。
c0135543_107429.jpg


c0135543_1082052.jpg

ここの寒緋桜は
日光の加減からか
頂上の方から花が開いていく。
c0135543_109193.jpg

山頂へ続く桜並木は
バスの通行が禁止となっている。
c0135543_1010689.jpg

何故ならば、車高のあるバスは
両側から垂れ下がった桜の枝を
傷つける恐れがある為だ。
c0135543_10104494.jpg

寒緋桜の花の色、
勿論木によって濃淡があるだけでなく
同じ木の枝でも
薄いピンク、濃いピンク
異なった色の花をつけている。

又、熱帯を思わせる鬱蒼とした草木と桜、
実にユニークな取り合わせだ!!
c0135543_10125251.jpg


c0135543_10131857.jpg


c0135543_10142242.jpg


c0135543_10145463.jpg

この景観は絶対に
本州では見られないだろう。

”見られない”といえばこちら!!
c0135543_10155060.jpg

とある民家の庭先に
見事なポインセチアの木が
真っ赤な花を咲かせている。
c0135543_10161545.jpg

クリスマスの花と
春満開の桜!!!
c0135543_10171059.jpg

沖縄では1月に
多くの花々が今を盛りと咲き誇っている。
c0135543_1018031.jpg

[PR]
by shige_keura | 2009-02-03 08:16 | | Comments(0)
<< 沖縄ーオキナワ 見聞録 (朝食... 沖縄ーオキナワ 見聞録 (夏は... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.