Top
沖縄ーオキナワ 見聞録 (”やんばる”と”マングローブ)
”やんばる”(山原)とは
もともとは”やまがち”の意味だそうだ。

それが今では
沖縄本島、北部地方
国頭村、大宣味村、東村一帯を指している。

何故なら、その地域は
自然の宝庫、原生林に覆わた
”やんばる”地帯だからだ。
c0135543_143132100.jpg

名護市から西海岸に沿って北上、
途中、屋我地島を左手に見て
暫く走ったところで右折する。
c0135543_14322669.jpg

道は直ぐに細く
曲がりくねった山道となる。
c0135543_14331969.jpg

野牡丹、ハイビスカス、桜に見とれているうちに
東海岸に突き当たる。

                (ススキの後ろに寒緋桜が咲いている)
c0135543_14335681.jpg

沖縄は縦に細長い島なので
東西の距離は極めて短い。

                (ハイビスカスと野牡丹の取り合わせ
c0135543_1434496.jpg

その東海岸一帯が
今日の目的地のひとつ
慶佐次のマングローブ林である。



ここに来るまで
全く誤解していたこと、

それは”マングローブ”という名前の植物が
存在していると思っていたことだ。

”マングローブ”とは
ある地域に存在している植物全般を意味している。

日本名では”潮間植物”と言い
いうならば”高山植物”と同じ定義である。

存在している”或る場所”とは
熱帯や亜熱帯の河口で
満潮になると海水が満ちてくる所を言う。

この場所を”潮間帯”というので
”潮間植物”の名前がついた。

日本でのマングローブ林は
ほぼ沖縄に集中している。

中でも、ここ慶佐次の林は
沖縄本島最大規模で
面積は10万平方メートル以上にもなる。

この林は4種類のヒルギで構成されている。

それらは、メヒルギ、オヒルギ、
ヤエヤマヒルギ、シマシラキである。
c0135543_14364856.jpg

小高い所から見るマングローブの景観は
テレビ、映画等でみる東南アジアそのもの。
c0135543_1437388.jpg

「あーーー、これがマングローブか!!」

思わず声が出そうになる程
印象的な景観だ。
c0135543_14382740.jpg

緑の帯のうねりは
雄大そのものでありながら
目に優しく柔らかい。

遊歩道から下を見ると
沢山の小魚が生息している。
c0135543_14392430.jpg

砂地には無数の穴が開いているが
これはエビやカニの棲家なのだろう。
c0135543_1440996.jpg

マングローブの林の中は
葉が生い茂っており
1月とは言え汗ばむほどである。
c0135543_1441024.jpg

林を抜け川岸が開けると
急に酸素を与えられたようで
清清しさを覚える。
c0135543_14414899.jpg

真夏、これは相当な暑さと湿度となるだろう。
c0135543_14423845.jpg

ここではカヌーの体験教室も開いているそうだ。

鬱蒼としたマングローブを左右に見ながら
ゆるゆるとカヌーで
川を下るのも悪くないだろう。
c0135543_14432448.jpg

[PR]
by shige_keura | 2009-02-08 11:31 | | Comments(0)
<< 沖縄ーオキナワ 見聞録(小島に... 残った豆は?? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.