Top
青椒肉絲
その昔、東銀座に勤務していた頃の事、
お昼に良く行った
中華料理屋とは名ばかりの
ラーメン屋があった。

そこでよく食べたのが
”ルース焼きそば”なる代物だった。

焼きそばの上に
野菜と肉の細切りが載っていて
これが、ちょいと旨かったのだ。

しかし、何故”ルース”なのか?

まさかベーブ・ルースに因んだ
食べ物では有るまい。

疑問が氷解せぬまま今に至った。

さて、標題の文字は
”チンジャオロース”と読む。

私は、長らくこの料理は
肉のロースの部分を使うので
この名前が付いていると思っていた。

ところが、これがとんだ間違いで
正式には、”ロースー”
或いは”ルースー”と言う。

”ロー”又は”ルー”は肉の意味、
”スー”は細切り、
即ち細く切った肉の意味である。

なるほど、これで”ルース焼きそば”の疑問も解けた。

様は、焼きそばの上に
細切り肉が載っているので
”ルース”正式には”ルースー”なのだ。



チンジャオロース、
テレビではよく宣伝している。

ピーマン嫌いの子供の為の
料理であるかのようだ。

さて、この料理、
家では先ず食べた覚えがない、
さりとて外で食したことも殆どない。

名前はよく聞くものの
私には幻の料理なのだった。

冷蔵庫の中には
折よく格安牛肉の残りが
300グラムほど残っている。
c0135543_9323018.jpg

本来のチンジャオは豚肉だそうだが、
今日は牛肉で作って
もりもりと食べよう。

作ろうと決心すれば
あとは、何と簡単な料理か!!

牛肉を細く切り、
醤油、酒、サラダ油、片栗粉につけて
下味をつけておく。
c0135543_9331241.jpg

葱とニンニク、生姜をミジン切り、
ピーマン、水煮タケノコを細くきっておく。
c0135543_9335138.jpg

合わせ調味料(醤油、酒、塩、胡椒、砂糖
オイスターソース)を用意する。

下準備はこれで完了、
クッキング スタート!!!

あとは常識的な順番に炒め
調味料を入れ
最後に胡麻油を垂らして、完成!!
c0135543_9343973.jpg

旨い旨いと食べ過ぎて
夜中にチョッピリ胃がもたれた。
c0135543_9351666.jpg

[PR]
by shige_keura | 2009-03-06 09:03 | | Comments(2)
Commented by enzou at 2009-03-08 22:40 x
まめですなー
本当に自分で作っているの
時間は正味どのくらい?
Commented by shige_keura at 2009-03-09 14:51
enzouさん、コメント有難うございました。

私は本来、無精者なのですが、
どうしてこうなったんでしょうか???

この料理は簡単、簡単!

ちょっとイラつくのが
ネギ、生姜、ニンニクを
ミジンに切る所でしょう。

正味、1時間もかかりません、

やってみたらどうですか、
美味しくて食べ過ぎますよ。
<< 何やってるんだか!! ”ノンちゃん”と”永遠の美女” >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.