Top
昔の縄張り (前編)
c0135543_1733467.jpg

上の画像は
有栖川公園の紅梅だ。

さすがに梅は終わりに近く、
名残の紅梅である。
c0135543_1753679.jpg

それでも、鶯が花の蜜をついばんでいる。

沖縄では”桜に鶯”だったが
やはり梅には鶯!
花札通りの方が宜しいようだ。

何故、私がこの公園に居るのか?

それは公園のお隣にある
中央図書館に度々調べものをしにくるからだ。

今日は、久しぶりに穏やかな陽気、
気温は4月中旬並みになるとのことである。

ならば、図書館は早めに切り上げて
外の空気を思い切り吸おう。

なにせ、この界隈は
私の昔の縄張りなのだから。




c0135543_1792188.jpg

公園の橋を渡り外に出ると
目の前に愛育病院がある。

その角を右に曲がり
100メートルほどの左側にあるのが
我が母校の正門だ。
c0135543_17101356.jpg

両側のビルに押されて
正門は昔に比べいかにも窮屈そうだ。

これでは、中で学ぶ生徒が
ノビノビと学園生活を楽しんでいるのだろうか?

c0135543_1710516.jpg

ところで、この学校を卒業した人全てが
自分を客観的に見ることが出来るとは限らない。

なかには、主観的、客観的以前に
意識が朦朧となる輩も最近は居るようだ。

先に進もう。

               (その昔、皇太子(現在の天皇陛下)と
                正田美智子さんがテニスをしていた。
                美智子さん、それは美しかった!!)
c0135543_17114968.jpg

東京ローンテニスクラブを通り過ぎ
行く手に盛岡グランドを見て
左の小道に入っていく。
c0135543_17121043.jpg

この道は、その昔、我が家から
麻布十番に通じる抜け道だった。

昼でさえ人通りの少ない道
おまけに、途中には
薄気味の悪い池、
その名も”ガマ池”があった。

その昔、ここ一帯が大火に見舞われたとき
大きなガマが水を口から出して
消火したとの言い伝えがある。
c0135543_1713137.jpg


               (十番稲荷に祀られている池の主の石像)
c0135543_1921966.jpg

しかし、いくら正義のガマかもしれないが
私はカエルが苦手なのだ。

更に、誰言うこともなく
”底なし沼”との話が耳に入ってくる。

極めつけは、当時、
池のほとりにブリキの掘立て小屋があり
得体の知れぬ人が住んでいた。

気持ちが悪くて仕方がない。

夕暮れ時は全速力で
ガマ池を通り過ぎるのが常だった。

               (昭和30年代のガマ池)
c0135543_22194042.jpg


               (このマンションがまさしく昔の”ガマ池”の場所)
c0135543_17152374.jpg

それが今では
瀟洒なマンションばかり
池そのものが
跡形もなく無くなっていた。
               (マンション建設反対運動)
c0135543_19494.jpg

池の横の階段に登ると
母校の校舎、グランドが一望の如く????

「ありゃ???、何もみえないわ!」
c0135543_1716673.jpg


c0135543_17172795.jpg

見上げれば高層ビルばかり、
変われば変わるものである。
c0135543_17181552.jpg

その中で、西町スクールの
上品な建物は昔そのまま、
漸く心がなごんできた。
c0135543_17192065.jpg


c0135543_1720113.jpg

さてここからは
足繁く通った麻布十番への
下り坂となるのだが、

続きは明日に。
[PR]
by shige_keura | 2009-03-11 08:52 | | Comments(0)
<< 昔の縄張り (中編) 笑わぬ諜報員 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.