Top
最後の大御所
クリント・イーストウッドは
私たち世代にとって
最後の大御所映画人であると思う。

私にとっての
三大大御所の一人
ポール・ニューマンが
昨年9月末に亡くなった。

残された2人が
ショーン・コネリーと
クリント・イーストウッドである。

2人は奇しくも同じ1930年生まれ
正確には5月生れのイーストウッドが
コネリーより3ヶ月年上となる。

ただ、残念な事に
ショーン・コネリーは2003年を最後に
映画界から遠ざかっている。

きっと体調がすぐれないのであろう。

それにひきかえ、イーストウッドの活動は
驚異的とも言える。

2004年、74歳にして
監督、主演した「ミリオンダラー・ベイビー」で
アカデミー作品・監督賞を受賞した。

これは監督受賞者の最年長記録を更新したものだ。




そのイーストウッドが監督として手掛けた最新作、
「チェンジリング」を観て
彼の映画つくりへ賭ける執念に感動を覚えた。

「チェンジリング」、
即ち、”Changeling”とは
”取替えっ子”の意味である。

アンジェリーナ・ジョリー扮する
シングルマザーの一人息子が
或る日誘拐される。

数ヶ月後に警察から
息子が保護されたとの連絡が入る。

歓喜の涙で出迎えた彼女の前に現れた子供は
しかしながら実の息子ではなかった。

しかし、警察は実の息子に違いないと
全く取り合おうとはせず
やがては彼女は精神病院に送られてしまう。

これから先は
彼女の困難な戦いが続くわけであるが・・・・

先ず驚くのは
これが実話に基づいた話であるということだ。

私でさえ奇妙な胸騒ぎを覚える話なので
映画を観た母親達にとっては
さぞかし背筋が凍ったことだろう。

それほどに重たく、やるせなく、悲しい話だが
イーストウッドは真正面から
あくまで冷徹に事実に沿って
淡々と話を進めていく。

だからといって、
全く救いが無いのか?といえば
そうでもないと言えるのだ。

あとは観てのお楽しみだ。

2時間半を超える大作ながら
一瞬たりとも退屈を覚えた事はなかった。

いままさに79歳になろうとしているイーストウッド。

しかし、彼の発散するエネルギーの前に
老いも躊躇して近寄らないようだ。

監督としてのイーストウッドの素晴らしさが
凝縮された傑作だと思う。

ところで、彼は未だ俳優として
アカデミー賞を獲ったことはない。

ごく最近の報道では
彼は今後監督業のみに専念し
俳優としての映画出演は引退との噂である。

しかしながら、私は以前
イーストウッドが悪戯っぽい笑いを浮かべながら語った
以下の言葉を信じている。

「アカデミー主演男優賞?
 それはね、80歳になったらのお楽しみだ」
[PR]
by shige_keura | 2009-04-02 21:27 | | Comments(2)
Commented by enzou at 2009-04-03 12:49 x
新米牧童のロディさんがすごい人になったんだね。
ララミー牧場のロバート・フラーは今どうしているのでしょうか
Commented by shige_keura at 2009-04-06 20:02
enzouさん、コメント有難うございました。

「ララミー牧場」、懐かしいですね。

よく見ていた割りには、私はロバート・フラーが
余り好きではありませんでした。

彼のその後、そして「ララミー牧場」の事、
近々ブログで公開します。
<< ”トウ”がたつ前に 馬か?牛か? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.