Top
馬か?牛か?
今日の話は
”桜鍋”あるいは”松坂牛のスキ焼”といった
食べ物の話ではない。

連日熱戦が繰り広げられている
選抜高校野球、
そしてプロ野球の開幕近し、

野球にはなくてはならぬ
”ボール”のお話だ。

WBCは目出度く
日本の連覇で幕を閉じた。

その中で気になったのは
守護神の座が藤川から
ダルビッシュに代わったことだ。

たしかに、今回のWBCでは
藤川投手ご自慢の
快速球が影を潜めてしまった。

150キロを超えるボールは全く見られず
140キロ半ばの速さに終始した。

ところが、帰国後のオープン戦では
今までどおり150キロの快速球を投げ込み
押さえの役を見事にこなしたという。

これも、全てはWBC使用球と
日本の公認球の違いなのか??

今回調べてみて
なんとも複雑な状況に
アタマがこんがらかってしまった。



               (左が日本の公認球、右がWBC使用球)
c0135543_17443590.jpg

WBC使用球が日本の公認球と違う事は
野球ファンなら誰もが知っている。

しかし、WBCボールが
北京五輪使用球と異なる事
そしてメジャー公認球とも違う事は
どの程度まで認知されているだろうか?

WBC使用球にもっとも近いのが
アメリカ、マイナーリーグの公認球だそうだ。

と、言う事はアメリカでは
メジャーとマイナーでは
違う公認球を使っていることになる。

そして、よく言われているように
日本の公認球は
手にしっとりと馴染み
ボールの縫い目幅が狭い。

一方、WBC使用球は
表面が乾燥しているので滑りやすく
縫い目の幅が若干広い。

次に重さであるが
どうも日本の公認球のみ若干軽いようだ。

具体的には、
日本の公認球が145グラムに対し
アメリカメジャー、マイナー
五輪、WBC、そして韓国等は
146グラムのボールを使用している。

最後に材質だが
納入メーカーとあわせてまとめると
以下のようになる。

日本、  牛皮製で納入メーカーは8社
      (ミズノ、ゼット、サンアップ、 SSK、
      那須スポーツ、ウイルソン、ローリングス、アディダス)

メジャー及びWBC、 馬皮製でローリングスが一括納入

北京五輪、 牛皮製でミズノが一括納入
        (尚、今回のWBCアジアシリーズでは
         この五輪球を使用)

韓国、 メーカーは不明だが馬皮製ボールを使用

かように複雑な状況は
メーカーの思惑によって
作り出されているものかどうかは分らない。

しかし、今後野球を更に浸透させる為には
メーカーの数はともかくも
規格は統一して行くべきではないだろうか。

これは、余り難しい話ではないだろう。

そうでもしないと、
先日のようなおかしな試合が
二度三度と行われる事となる。

それはWBCチームがアメリカへ出発前
ライオンズやジャイアンツと行った
壮行試合の事だ。

このときWBCチームが守っている時は
WBCボールを使用し、
ライオンズ、ジャイアンツが守備のときは
日本の公認球を使ったそうだ。

「あー、面倒くせーー!!」

とにかく、野球はサッカーと違って
指先の微妙な感覚が
大切なスポーツなのだ。

何時までも”ボールの違い”を云々しているのは
野球ファンにとって興ざめのお話だ。
[PR]
by shige_keura | 2009-04-01 08:45 | スポーツ | Comments(0)
<< 最後の大御所 葉山は春真っ盛り (久留和の浜... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.