Top
旬の味
三省堂国語辞典で
”旬”をひいてみる。

そこには二つの意味が記されている。

1.魚や野菜などの一番味が良い時
2.いい時期

最近は温暖化の影響、
或いは人工栽培、養殖技術の進歩等で
”これぞこの季節”といった
いわゆる”旬”の味が
少なくなってきている。

なかで、先日自ら摘んで食した
”蕗の薹”に旬の味と共に
萌え出る春の生命を感じた。
c0135543_18433924.jpg

そのとき同時に思ったのは
数少なくなっている旬の味、
例えば”タラの芽”の天麩羅が
無性に食べたくなった事だった。
c0135543_21134239.jpg




その一念が神に通じたのか?

”タラの芽”の天麩羅を食す会に
誘われた。

これだけでも羽が生えたように飛んでいくのだが
この”食す会”の趣向は
それだけではなかった。

丁度”タラの芽”に合わせるかのように
琵琶湖の”稚鮎”が届いたという。
c0135543_18443594.jpg

まさに、千載一遇!
”盆と正月”が一緒に
来たようなものだ。

その日は、朝からの目標はただひとつ、
”稚鮎”と”タラの芽”に向って
胃袋の節制にあい努めた。

当日の画像の出来は余りよくない。

              (珍味、”鮒ずし”で軽く一杯)
c0135543_18453153.jpg

何故ならば、天麩羅を美味しく食べるには
時間をおいてはいけない。
c0135543_18462115.jpg

ジックリと写真を撮る時間は無いのだ。

               (タラの芽、登場)
c0135543_18472990.jpg


c0135543_18514017.jpg

人が感じる味覚の中で
”苦味”を美味しく感ずる食材は少ない。

               (稚鮎)
c0135543_18525970.jpg

その数少ない
美味しい苦味の代表格
”稚鮎”と”タラの芽”を
心ゆくまで味わった。

菊正の”ぬる燗”も結構、結構!
辛口で冷えた白ワイン、
これまた、”乙なもの”。
               (白魚)
c0135543_18542862.jpg

幸せ一杯の帰りみち、
満月の夜に桜がハラハラと・・・・・・

時、4月10日、
忘れられぬ春の宵となった。
c0135543_1030584.jpg

[PR]
by shige_keura | 2009-04-17 09:40 | | Comments(0)
<< ”癇馬”は皐月を制するか? 回復の処方箋 -3- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.