Top
青葉の顔
東京は桜の季節は既に過ぎ
今は新緑が目に映えて
1年で最も気持ちの良い時だ。
c0135543_9483443.jpg

この若葉、青葉の季節、
必ず話題になる旬の食材と言えば
これは”鰹”に決まっている。

目には青葉、山ホトトギス・・・・、である。
c0135543_9503357.jpg

江戸時代、
鰹は庶民の口からは
程遠い存在だった。

「女房を質に入れても
 初鰹が喰いてーー」

現代では、セクハラ発言で御用となるが、
鰹の半身が5-6万円相当というのだから
滅多に口には出来ぬ
高値の花の存在だった。

それが、例えば
渋谷の”フードショー”に行ってみよう。

店の一角には所狭しとばかり
鰹が並び
庶民には頼もしい存在となっている。
c0135543_9531978.jpg





では、この鰹
好きかと問われれば?
実はそれほどではないのだ。

鰹独特の生臭さが苦手であり
柔らかな、締りの無いとも言える
身の食感もイマイチに感じるのだ。

しかし、この季節、
一回は青葉の主役を
味わうべきなのだろう。

今日は、日経の”プラス1”に出ていた
”カツオのたたき中華風”に挑戦だ。

しかし、この料理
挑戦と意気込むほどのものではない。

材料は、鰹の他には
これまた旬の食材の新タマネギ、
あとは万能ネギがありさえすればよい。
c0135543_9543567.jpg

盛り付けたのち、
上から掛けまわすタレの中身は
次の通りだ。
c0135543_9553322.jpg

生姜一片をすりおろす。
あとは、好みで
豆板醤、醤油、味醂、お酢、
そして胡麻油を調合する。
c0135543_9565215.jpg

いとも簡単であるが
新タマネギが鰹の生臭さを消し
更に豆板醤を使うことで
この料理のインパクトが増してくる。
c0135543_9575823.jpg

こうなったら日本酒の出番だぜ。

キリットした冷酒
或いはマッタリとした常温で
季節の味を楽しもう。
[PR]
by shige_keura | 2009-05-04 13:49 | | Comments(0)
<< 衝撃の画像 ゆとり新幹線 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.