Top
名前は”ドン・レタス”
ドンと名前がつけば
これはもう首魁である。

コッポラの名作、
ゴッドファーザーで言うならば
マーロンブランドが演じた”ドン”
ビード・コルレオーネである。
c0135543_1537051.jpg

即ち、一世を風靡した
マフィアのドンの事である。

ならば、ドン・レタスとは何者か?

正体を明かすと”丼・レタス”
なんのことはない、”レタスドンブリ”
レタスをふんだんに使ったドンブリものだ。

昔は丼ものといえば、
”カツどん”、”天丼、”親子丼”、”鰻丼”の
いわば四天王が
丼ものの市場占有率(マーケットシェア)を
ほぼ独占していたと思う。

ところがそのうちに
豪華、贅沢な食材が
丼市場に参入してきた。

それらは”ステーキ丼”、”ウニ・イクラ丼”、
”海鮮丼”等まさに、百花繚乱、
中には”フカひれ丼”まで登場してきた。

この分では、近いうちに
”フォアグラ丼”の登場する日も
近いのではないだろうか。

しかし丼は所詮丼、
やたら高級、豪華な食材を使うべきではない。

また、簡単に出来るものでなければいけない。





この私の丼哲学に則った
そしていかにも旨そうな
”レタス丼”を作ろう。

何故ならば、冷蔵庫に
丁度新鮮なレタスが眠っているからだ。

生のレタスは食べても食べても無くならない、
早いところ征伐せねばならぬ。

しかし、この料理
”作ろう!”と張り切るほど
大袈裟なものではない。

材料は長ネギ1本、牛の切り落とし200グラム、
そしてレタス沢山、沢山だ。

先ずは長ネギを斜めに切り揃え、
レタスを大量に準備する。

               (レタスの陰で怯える長ネギ)
c0135543_15385015.jpg

フライパンに軽く油を敷き
長ネギを炒め
頃合を見計らって
牛肉そしてレタスを投入する。

               (こんなに多くて大丈夫か??)
c0135543_1540445.jpg

レタスがしんなりしたら
直ちに火を止め
塩、胡椒、醤油、酒で
味を整える。

               (炒めた結果勢力の弱まったレタス)
c0135543_15411584.jpg

丼に盛ったら
今日は茗荷を散らし
あとはかっ込むだけ。

レタスのシャキシャキ感が
アッサリとした味付けにピッタリだ。
c0135543_15422915.jpg

思わず、お代わりをしてしまった、
イヤハヤ・・・・・・

参考、NHK教育テレビ、5月17日(日)
[PR]
by shige_keura | 2009-05-24 16:33 | | Comments(0)
<< ネズミの一家 思いでのプロ野球選手 21 (... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.