Top
思いでのプロ野球選手 21 (その3)
それは高田さんが巨人入団が決まり
明治大学卒業間近の出来事だ。

島岡監督にプロの心構えを聞いていた高田さん、
ふとコンタクトレンズを入れなおした。

それを見た監督が聞いた。

「おい、高田、
 おまえいつからコンタクトしてるんだ?」

島岡監督は
高田さんの返事を聞いて
腰を抜かさんばかりに驚いた。

「あ、これですか、
 入学の時からです」

自分の不利になる事は
例え自軍の監督にさえも
4年間に渡り秘密を守り通した。

そんなしたたかさを
高田さんは持っていた。

彼が巨人に入団して
今度は時の川上監督が困ってしまった。

新人なら誰でもが持っている隙が
高田さんにはまるで無いのだ。

何をやらせても水準をはるかに超える技量、
ボーンヘッド皆無の新人登場である。
c0135543_941051.jpg

思い余った、川上監督、
参謀の牧野コーチに
何でもいいから
俺が叱れる材料を見つけて欲しいと
頼み込んだ。





そんな高田さんだから
新人で3割をマークし
新人王を獲得したのも当然である。

そればかりか
その年の日本シリーズで
最高殊勲選手に選ばれた。
c0135543_855790.jpg

川上監督はこう評していた。

「高田は実にスマート、
 一匹狼と言うほどアクは強くないがマイペース、
 しかしながらチームプレーには忠実で
 誰からも嫌われない」

高田さんは群れなす事を嫌った人である。

だから、選手仲間と一緒に
遊びに行ったり
飲みに行く事は無かった。

こうなると、普通は変人扱いされるのだが
高田さんは仲間内からの受けも良かった。

               (長嶋巨人時代、ホームランを放ち軽やかにベースをまわる)
c0135543_9423015.jpg

そして家では良きパパ役を演じていた。

ナイターで例え寝るのが遅くなっても
朝は早く起きて
子供を学校に送り届けた。

高田さんのレフトの守備同様
実に完璧なる父親だった。

その高田さんが
守備位置で緊張の余り
足が震える場面を迎えるのだが・・・

それは次回の最終回で、
[PR]
by shige_keura | 2009-05-21 10:57 | スポーツ | Comments(0)
<< 思いでのプロ野球選手 21 (... 思いでのプロ野球選手 -21-... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.