Top
杏の実が熟する時  -2-
家内の実家に
一本の大きな杏の木があり
毎年、この季節には実をつける。
c0135543_8572594.jpg

勿論、年によって収穫は異なるのだが
今年は当たり年となった。

ただ、収穫に際して
杏の難しい所は
少し油断すると熟れ過ぎてしまうことだ。

又、毎年取り入れは梅雨時と重なる為
雨に邪魔されて
多くの実を腐らせてしまう事もあった。

14日の日曜日、薄曇
当初の行動予定
東京競馬場行きを遅らせて
家内の実家へ杏の取り入れに向う。





見上げると
黄色く色づいた杏が
枝もたわわに実っていた。
c0135543_8581946.jpg

棒で枝を叩くと
バサ、バサ、バサ・・・・・・・
アチコチから杏が降ってくる。
c0135543_8591412.jpg

時折、ポコーンとおでこに当る。

「痛いなーーーこのーーー!」

1時間足らずで
大きなバケツに入りきらぬほどの
杏の収穫があった。
c0135543_90081.jpg

魚も釣れすぎると困るように
杏だって・・・・・・・・・・・
こりゃ、大変だーーー。
c0135543_904895.jpg

さて、杏という果物
大体がそのまま食べても
それほど”旨い!!”と
感心するほどのものではない。

杏の良さは
あくまでも加工して
ジャム、フルーツコンポートで活きるものだ。

手を加えると
グーンと味が引き立つ
杏は何とも珍しい果物だ。

と、言う事で、
それからは2日がかりで
皮むき、種抜きから始めて
ジャムとコンポート作りに
時間を割くこととなった。

但し、私はあくまでも製作助手、
主役は女房殿だ。

皮むきから種抜きへ
流れるように?作業は進む。
c0135543_9102723.jpg

下請けとしては
大手の指示に、ただ従うだけ、
ヘマは許されない。
c0135543_911531.jpg

1キロ余の杏をジャムにするのに
こんなに砂糖を使うのか!!!
c0135543_9113844.jpg

山盛りの砂糖が溶けて
段々と煮詰まっていく、
あまーーい香りが台所中に漂う。
c0135543_912179.jpg


c0135543_9125590.jpg

ふと、後ろを見て驚いた。

大きな袋の中には
今までの5倍ほどの杏が
作業待ちなのだ、
c0135543_9133195.jpg

”ビックリしたなーーーもう!!”

ジャムの煮つまり加減は結構、結構。
c0135543_9142946.jpg

コンポートの方も旨そうだ。
c0135543_91528.jpg

そして翌朝、
早速、ヨーグルトに
杏のジャムを合わせる。
c0135543_9153590.jpg

甘酸っぱさがヨーグルトとピッタリ!
新鮮なものは旨いなー!
c0135543_18264224.jpg

おやつには
勿論、冷やしたコンポートを、
この酸味がなんとも利いている。
c0135543_18271995.jpg

そして夕食後には
バニラ・アイスクリームと合わせて、
こりゃ、立派なデザートの逸品じゃ!
[PR]
by shige_keura | 2009-06-21 11:45 | | Comments(0)
<< カリカリシラスのスパゲッティ 杏の実が熟する時  -1- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.