Top
引き分けは亡霊か?
今日のブログは
野球に因んだお話だ。

メジャーに無くて
日本のプロ野球に存在するのが
”引き分け”という概念である。

アメリカでは試合時間に関係なく
決着がつくまで試合は続けられるので
引き分けは存在しない。

だから、MLBの順位表にも
勝と負けのカテゴリーしかない。

一方、日本の場合は
色々と紆余曲折しながら
現在は12回で決着がつかぬ場合は
引き分けとしている。

つまり、引き分けを
正式に認めているわけである。

これは、日本固有の事情が有るので
本当は決着をつけて欲しいが、
致し方ないのかなと思っている。

しかし、以前からおかしいと感じていることは
引き分けを試合として認めているようで
認めていないと私には解釈できる点である。






ここからは具体的な
数字を使って説明させてもらいたい。

今年の、ペナントレース
引き分け数が極めて多い
巨人を例に挙げてみよう。

セリーグ順位表による
8月7日時点の成績。

試合数  勝  負  引き分け  勝率
 93   53  32   8    0.624

問題は、以下の勝率の算定式である。

0.624=53÷85

勝率の算定に当っては
引き分け試合(8)を
全試合数(93)から差し引いている。

何だかおかしいとは思いませんか?

引き分けた8試合、
個人記録は全てカウントされているにもかかわらず
チームとして戦った試合とみなされていない。

つまり勝率の算定に関しては
引き分けは試合数として
カウントされていない
いわば亡霊の如き存在なのである。

非現実的な考えだが
ペナントレース1勝して
あとの試合を全部引き分けたら
今のルールでは
そのチームの勝率は10割で優勝だ!

こんなこと起こるわけは無い、
が、しかしどこか変ではないだろうか?

従って、引き分けを認めているのだから
せめて引き分けは0.5勝として
戦った試合にカウントすれば良いのだと思う。

引き分け0.5勝が
格別に問題が有るとは思えない。

もしも引き分け0.5勝で計算すると
巨人の勝率は
57÷93=0.613となって
今の勝率を1分以上も下回ることとなる。

例えば、仮に試合数100として
以下の場合を比較してみよう。

       試合数  勝  負  引き分け  勝率
ケース1   100  61  39   0    0.610
ケース2-1 100  55  35  10    0.611
カース2-2 100  55  35  10    0.600

ケース2-1は現行勝率算定方式、
ケース2-2は引き分けを0.5勝とした場合、

現行の算定方式の下では
ケース1のチームが
ケース2-1のチームに比べ
負けは4しか多くないが
勝は6も多いのにもかかわらず
優勝できない事となってしまう。

なんだかオカシイと思うのだが
おかしいのは私の方なのだろうか?
[PR]
by shige_keura | 2009-08-07 07:30 | スポーツ | Comments(0)
<< 変調の夏 蓮と極楽 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.