Top
秘密の泉
”秘密の泉”
これは孫が夏休みの日記に
書いた言葉である。

場所は山中湖畔の旭ヶ丘の一角、
そこに全国バード・ウォッチング愛好家の間で
つとに知られた鳥の憩う場所がある。

ここは知る人ぞ知るの場所
一般的には立ち入り禁止となっている。

何故ならばここ一帯は
某鉄道会社の管理地となっているためだ。

だから、孫が”秘密の泉”と書くのも
分らぬわけではない。

ただ、その場所は柵で防御されているわけでなく
逆に泉に下りていける
階段が設置されている。
c0135543_17161950.jpg

つまり、原則的には立ち入り禁止だが
場所を見つけた人は
自由にお入り下さい、ということだ。






”秘密の泉”への道しるべは
道路わき、供養の為に建てられたお地蔵様である。
c0135543_17175977.jpg

ここは、今を去ること76年前、昭和8年の冬
冬の駕籠坂峠を越えようとした一高の学生が
遭難した場所なのだ。
c0135543_1719352.jpg

お地蔵様と馬頭観音の脇に
谷に下る急な階段がある。
c0135543_17194449.jpg

谷底に降り立つと
そこは深山幽谷の風情に満ち溢れる中
今日も望遠カメラを構える
愛好家の姿があった。
c0135543_17204123.jpg

シーンとした静寂が支配する中
時々森のあちらこちらから
鳥のさえずりが聞こえてくる。

突如、”ピッコロロ、ピッコロロ”
甲高い鳴き声と共に
一羽の鳥が
前方の泉に飛来してきた。
c0135543_17234824.jpg

「キビタキが来たぞ!
 愛好家の押し殺した声が聞こえる」
c0135543_1725193.jpg

黄色い色も鮮やかなキビタキ、
孫達も夢中になって
目を凝らしている。

我々の眼を楽しませてくれた
キビタキが飛び去り
またまた静寂の時の訪れだ。

そして又、一羽
今度は白と黒のシジュウカラである。

更には小さくて
姿は判然とせぬ鳥がきた。

ミソサザエであるらしい。

孫達はスケッチに余念が無い。
c0135543_17213528.jpg

時間にして1時間弱、
緑に囲まれた”秘密の泉”で
鳥たちの生態を満喫した。

以下は孫のスケッチと
鳥たちの画像(借り物)である。
c0135543_17394715.jpg


c0135543_17405789.jpg

               (キビタキ)
c0135543_17445196.jpg


c0135543_1746558.jpg

               (シジュウカラ)
c0135543_17414482.jpg


               (お目当てのオオルリは飛来しなかった)
c0135543_17481818.jpg


               (山中ではなく葉山の前田川でみたカワセミ)
c0135543_17423167.jpg


c0135543_17501473.jpg

[PR]
by shige_keura | 2009-09-04 07:36 | | Comments(0)
<< ”すい”と”いき” 高原のハイボール >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.