Top
気分は遠足  -2-
40年ぶりの新潟、
町は大きく変貌し、
さっぱり見当がつかないのは当たり前だ。

勿論、高層ビルが建ち並び
町は整備され市電の姿も無い。
               (市の中心を流れる信濃川にかかる萬代橋)
c0135543_17362566.jpg

しかし、町は大きくなり
整備されたとは言え
華やかさは往時とは
比べ物にならない。

はっきり言って寂れているし
元気が無く
気息奄々の風情である。

日本海側の都市、
金沢は例外中の例外で
他はどこも青息吐息のようだ。

道路と鉄道の整備
ハコモノ林立だけで
地方分権が進み
元気がでると思ったら大間違い!

地方衰退の典型的な町
それが新潟なのだろう。

日本にその名を轟かせた
料亭、鍋茶屋、
そこはかつて
祖父のお供をした場所だ。

昔、懐かしい玄関先
そこは綺麗に掃き清められていた。
c0135543_17384554.jpg

そこに、歴史と伝統を守る
鍋茶屋の意地を見たような気がした。

しかし、ひっそりと静まり返り
人の気配すらない。

当時は黒塗りのハイヤーから
次々とお馴染みさんが
店内に吸い込まれていき
華やかな嬌声と
三味線の音が流れてきていたが。





さあ、新潟競馬の話に移ろう。

ここの名物は
長い直線を使って行われる
1000メートルの競馬にある。

まさに、陸上の100メートル
ヨーイ、ドン!!である。

このレースだけは
日本中どこを探しても
新潟競馬場でしか見ることは出来ない。

東京の競馬場と違って
観客席とコースの間が狭い。
c0135543_17464170.jpg

だから、柵にかじりついてみる
1000メートル直線競馬は
予想を超えた迫力である。
c0135543_17472610.jpg

遥か彼方から
コースの横幅一杯を使って
各馬が徐々に近づいてくる。
c0135543_17475593.jpg

ドドド、ドドド、地鳴りの音が聞こえてくる。
c0135543_1749190.jpg

鞭を使う音、ジョッキーの掛け声
目の前を疾風のように
サラブレッドの一群が駆け抜けていく。
c0135543_17493143.jpg

競馬ファンにとっては
恍惚の一瞬である。

これで、馬券が当れば言う事ないのだが
世の中そんなに甘いものではない。

反省材料を来年の検討課題として
日曜日夕方の新幹線に乗り込んだ。

来年も又来よう!!
[PR]
by shige_keura | 2009-09-13 19:08 | | Comments(0)
<< 桃から生まれた・・・・ 気分は遠足 -1- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.