Top
初秋のみちのく (赤と白-1-)
「赤と黒」と言えば
フランスの文豪スタンダールの小説だ。

これが「赤と白」となると・・・・
小学校の運動会か?

ところがそうではない。

「赤と白」、
これは青森県の
代表的な産物の色である。

ひとつは、言わずもがな、
”赤いリンゴに
 くちびる寄せてー”
c0135543_1023670.jpg

即ち、リンゴである。

                (浅虫温泉での夕食の一品、リンゴのグラタン)
c0135543_10241481.jpg

最近のリンゴ、
それは多種多彩である。
c0135543_10262472.jpg

青森産だけを例にとっても
”つがる”、”ふじ”、”スターキング”、
”王林”、”陸奥”、”金星”、
”北斗”、”千秋”、”ジョナゴールド”等等々。
c0135543_10274662.jpg

漸く最後の方に
昔懐かしい”紅玉”を見つけて
ホッとする。

種類が増えて
選択肢が広がり
便利になったか?と言うと
そうとは言えないのだ、
少なくとも私にとって。





新種のリンゴ
おしなべて姿、形は立派になった。

しかし、昔ほどの固さが無く
酸味が少なく甘みが増した。

リンゴも最近の世相を反映し
”やわ”になったようだ。

頼りない噛み心地のリンゴは
リンゴとは言えぬ。

酸味の薄いリンゴは
リンゴとは言えぬ。

トマトもリンゴも同じ道を辿り
やがては同じものになるのでは???

まさか、そんなことはないのだろうが
昔の小ぶりで固くて
酸味の強いリンゴは消えたのだろうか?

ところがここに
地元の人が
「固いし、とても酸っぱいよーー!!」と
全くお勧めしていないリンゴがある。
c0135543_10285562.jpg

名前を”あかね”
昔の国光、紅玉を思わせる
懐かしい奴だ。
c0135543_10295583.jpg

今回、漸く
その”あかねチャン”を
一軒の道の駅で見つけた。

他のリンゴが
店内のショーケースに並んでいるのに対し
愛しの”あかねチャン”は一人
店外で野ざらしの待遇だ。

値段は4個で200円!!!
c0135543_10304718.jpg

重たいリンゴをぶら下げて帰宅、
しかし、その甲斐あって
孫達にも大評判!!
c0135543_10312164.jpg

やはり、リンゴは
こうこなくっちゃ!!!
c0135543_10315145.jpg

リンゴはガブッと丸かじり!

私だっていまだ
リンゴぐらいかじれますわよ。

ところで、白を忘れているわけではない、
忘れてはいないが
明日以降にしよう。

白と言えばあれですよ!!
[PR]
by shige_keura | 2009-09-30 09:03 | | Comments(0)
<< 初秋のみちのく (赤と白ー2-) 初秋のみちのく (北の果て、奇... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.