Top
初秋のみちのく (景色がご馳走、夕陽もご馳走・・・)
今回の3泊4日の東北旅行
絶好の秋晴れに恵まれ
実に楽しい旅となった。
c0135543_13362329.jpg

刈り入れを待つばかりの
黄金色の稲穂の波、
c0135543_1338131.jpg

目に優しい白神山地のブナ林、
c0135543_13385513.jpg

神秘の色をたたえた”青池”、
c0135543_13393749.jpg

日本海と太平洋沿岸に連なる
奇岩、断崖が織りなす
自然の不可思議さ、
c0135543_13401791.jpg


c0135543_13414799.jpg

このような素晴らしい景色のご馳走を
c0135543_13423859.jpg


c0135543_13432665.jpg

心行くまで味わった。
c0135543_13442118.jpg

更に、日本海に沈む夕陽、
時々刻々と変わる雲の色、空の色、
自然が演出する壮大なドラマ、
これまた素適なご馳走だった。
c0135543_13521134.jpg


c0135543_13524275.jpg


c0135543_1353159.jpg


c0135543_13535271.jpg







さて、ここまでは旅行中の
食事の話題を取り上げていない。

それは、正直言って
決して不味くは無いが
典型的な旅館の料理であるので
それほど強調するものでは無かった為である。

中では、秋田の男鹿半島で食べた
”石焼鍋”はいかにも野趣に富んだ料理だった。
c0135543_1405633.jpg

半島の海岸に転がっている石を
炭火で真っ赤になるまで焼く。
c0135543_1414193.jpg

出し汁を張った鍋に
新鮮なタイのぶつ切りと共に
真っ赤な石をゴロゴロ放り込む。
c0135543_1422599.jpg

ジュワーーという音と共に
辺り一面もうもうと煙が立ち込める。
c0135543_143066.jpg

取り合わせのネギをタップリ入れ
味噌で味を整える。

簡単だが家庭では出来ない
ローカル色豊な鍋料理、
魚も新鮮でなかなか美味しかった。

しかしながら、3泊4日
連日魚中心のお仕着せ料理
流石に飽きてきた。

東京に帰る為の盛岡駅
僅かな待ち時間を利用して
飛び込んだのが
”餃子の王将”!!

安い!旨い!!
そしてビールが最高!!!

”やー、いい旅だったぜーー!!!”
[PR]
by shige_keura | 2009-10-04 17:03 | | Comments(0)
<< 食欲の秋  -孫の手料理ー 初秋のみちのく (切手そのまま) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.