Top
仏教美術1000年 (絢爛たる莫高窟)
中国は国は広いし
長い歴史を持つ国だ。

従って、世界遺産も33を数えているが
これは世界で3番目の多さである。

因みに1番はイタリアの44、
続いてスペインの41となっている。
c0135543_11144547.jpg

今日訪れた莫高窟は1987年
万里の長城、始皇帝の兵馬俑と共に
中国で最も早く
世界遺産の認定を受けた場所だ。

                (莫高窟のシンボル九層楼
                 直ぐ上には中秋の名月を過ぎたばかりの月が)
c0135543_11161262.jpg

莫高窟、何しろ規模が桁外れだ。
c0135543_11185993.jpg

敦煌とその周辺の
石窟寺院の数を紹介しよう。

莫高窟    725
楡林窟     42
西千仏洞    22
東千仏洞     7
五個廟       6

このように、合計812の窟のうち
その大半が莫高窟に集中している。
c0135543_1120286.jpg

ここでは最も古い北涼期(5世紀前半)から
元の時代まで
10王朝、中国1000年の仏教美術の推移を
目の当たりに見ることが出来る。

研究家の間でも
中国の美術史を一箇所で学べる所として
つとに鳴り響いている場所なのだ。

               (ポプラと楡の並木道を通っていざ見学へ)
c0135543_1622317.jpg

ただ、規模が余りにも大きくて
見学するほうにとっては大変だ。

                (我々を誘うかのような飛天の像)
c0135543_16263326.jpg

何しろ壁画を例にとっても
その総面積は4.5万㎡、
壁画を全て横に並べたとすると
30キロに達すると言うのだから。

まさに砂漠の大画廊
それが莫高窟なのだ。
c0135543_16252459.jpg




今回は丸1日を費やして
16に及ぶ窟を見学した。

故井上靖氏が”美人菩薩”と名付けて以来
”美人窟”(第57窟)と呼ばれるようになった壁画の菩薩は
深遠なそして引き込まれるような魅力に溢れている。
c0135543_11222199.jpg

敦煌を16回も訪問した平山郁夫氏が
絶賛したのが初唐の壁画(第220窟)だ。
c0135543_11231946.jpg

そこには氏が探し求めていた
法隆寺の壁画の源流が描かれていた。

素晴らしい塑像、壁画の連続で
頭の中はゴチャゴチャになってしまう。

中で、感動したのが唐の時代に作られた
巨大な釈迦の涅槃像である。(第158窟)

お釈迦様が生涯を終えて入滅する姿を描いた涅槃像は
ここ敦煌でも数多く見ることが出来る。
c0135543_11212444.jpg

敦煌西の郊外には
涅槃像によく似た
小高い丘の連なりまで見ることが出来る。

第158窟、目の前に
15.5メートルもの涅槃増が
左側を頭にして横たわっている。

右側の釈迦の足元から表情を窺うと
その目はうっすらと開いている。
c0135543_11242093.jpg

眼差しは弟子達を暖かく見守っているようでもあり
全てを見通しているような
洞察力も感じられる。

ところが左に移動して見ると
その目は安らかに閉じられている。
c0135543_11252741.jpg

そこには生涯を終えて入滅すると言うよりも
そろそろ一休みするか、といった
安らぎに満ち溢れている。

暫しの間、
不可思議な心地よさを味わった。

(注) 本編を含む”仏教美術1000年”の使用画像について

    ・莫高窟初め全ての窟内は撮影禁止の為、
     壁画、塑像等は書籍等からの複写

    ・昨日の(10月19日)ブログの全体写真は
     ”文化財保存支援機構”からの提供

    ・上記以外は、すべて旅行中に撮影したもの
[PR]
by shige_keura | 2009-10-20 08:57 | | Comments(0)
<< 仏教美術1000年 (峻険の地... 仏教美術1000年 (目的地到着) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.