Top
仏教美術1000年 (塑像だけが知っている?)
今回の旅行に参加するにあたり
故井上靖氏の「敦煌」を読み
その筆力に引き込まれた。

未だこの時点では知らなかった西域が
脳裏に浮かんでくるような想像を
かき立ててくれる
素晴らしい文章だった。
c0135543_9451738.jpg

その後、映画化もされた「敦煌」、
セット、戦闘場面等
巨費を投じたことは感じられるが
小説の足元にも及ばないで出来だった。
c0135543_9461722.jpg

映画のクライマックスは
主人公の漢人、趙行徳(佐藤浩市演)が
おびただしい仏教経典、文書を
西夏の侵入、略奪から守ろうと
小さな窟に避難させる場面である。

その小さな窟が
莫高窟の第17窟で
別名「蔵経洞」と言われている。
c0135543_9484830.jpg

今日の話は、
映画で描かれた趙行徳の一件は
果たして歴史としての
事実だったのであろうか?

そして、いったんは歴史の闇に隠蔽された文書が
どのような経緯で見出されたのであろうか?

この二つの事柄についてである。






後者については
真実が明らかにされている。

それは文書が隠されてから
1000年ほど時がたった或る日
一修行僧の日常の行いから
偶然に発見されたのだ。

西暦1900年のその日、
修行僧は窟にたまった砂を掃いているうちに
岩の一部が崩れ
洞の中に5万点以上もの文書が
眠っているのを発見した。

問題はその次に彼がとった行動である。

彼は二束三文の価格で
文書の大半を
イギリス、フランス、日本、ロシア等の
探検調査隊に売り飛ばしてしまったのだ。

中国にとっては
痛恨の極みである。

何しろ、専門家の間では
20世紀最大の発見とされるほど
重要な事件だったからだ。

一方、何故に隠したかについては
真実はいまだ闇の中にある。

当初は、映画の筋書き通り
西夏の侵入による略奪から
文書を守ろうとしたものだと言われてきた。

今でも、この説を主張する人もいる一方
その説を言下に否定する学者もいる。

その人たちの説は、
これは西夏時代に文書を廃棄したか
或いは書庫改造による
一時避難ではないかと言う人もいる。

何故ならば、17窟の壁画には
どう見ても西夏の影響と見られるものがあるからだ。

17窟は16窟の北の壁と接している。
c0135543_9501874.jpg

そして小さな入り口を
屈みこむように窟に入ると
当時の高僧の塑像が座っている。

あたかも、大切な文書の番人のようだ。
c0135543_9512739.jpg

背後の壁には
侍女と比丘尼が綺麗に描かれている。

果たして、いつ誰が文書を隠したのか?

その事実は、塑像だけが知っている。
[PR]
by shige_keura | 2009-10-28 09:28 | | Comments(0)
<< 仏教美術1000年 (シャーモ... 仏教美術1000年 (街道筋の光景) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.