Top
怪我の功名
これぞ文字通りの”怪我の功名”!

11月7日、
プロ野球日本シリーズ第6戦、
巨人が優勝を決めた試合だ。

事件は1回の裏に起きた。

巨人の先発は
球は速いが、
単調になりがちの東野投手。

案の定、先頭打者にヒットを許す。

続く森本がどうしたわけか
バントを失敗してしまう。
c0135543_19113579.jpg

更には頼りの稲葉が
身体に当るボールを空振りし、
最後は見逃しの三振!!

東野はラッキーの連続で一息つくも
4番高橋のライナーを右手甲に受け
負傷退場となった。
c0135543_19122913.jpg

巨人にとってはとんでもない事態、
ベンチも色を失ったに違いない。

ここで、緊急登板が内海と聞いたとき
これは、巨人にとって
思わぬ幸運をもたらすのではと、直感した。

何故ならば、あのまま東野が続投していれば
少なくとも2-3点の失点は目に見えていた。

一方の内海、
彼は先発タイプの投手だが
満を持して登板すると
気負いすぎて自滅する危険性を常にはらんでいる。

このような性格の男は
思っても見ない事態で
考える時間を与えずに
マウンドに上がったほうが
腹をくくれるタイプである。
c0135543_19144341.jpg

案の定、彼は毎回のように
ヒットを許すものの
無得点に封じ込め
後続にバトンタッチした。



負傷した東野には可哀相だが
内海がリリーフした時から
勝負の流れは巨人に傾いていった。

しかし、この第6戦、
何と野球のミステリアスな部分を
如何なく見せつけてくれたことか!

毎回安打、11本の日本ハム、
打線のつながりが売りのチームが
結果的に無駄打ちで無得点。

打てども打てども点が入らない、
まさに負の悪循環にはまり込んでいった。

一方、6安打ながら
相手のミスにつけ込んだ巨人が
ハムのお株を奪うかのように
2点を挙げて逃げ切った。

まるで両チームが
ユニフォームを取り違えて
戦っていた感があった。

日本ハムで最も頼りとなる稲葉が
金縛りにあったように見逃しの3三振。

絶好調の高橋が
チャンスでど真ん中の直球を見逃して三振。

一方の巨人も
リリーフ陣が青息吐息
よくも無得点で終わったものだ。

更に自慢の強力打線も不発、
特に9回の表は
さして調子のよくない林に
谷、阿倍と連続三振。

両軍の誰もが日本一の呪縛に
金縛りになってしまった終盤だった。

「勝ちに不思議な勝ちあり、
 負けに不思議な負けなし」

楽天を率いた
野村さんが好んで使う言葉だ。

巨人にとっては
”怪我の功名”、
まさに不思議な勝ちであったと思う。
c0135543_19181663.jpg

しかし、負けた日本ハムにとっても
この試合ばかりは
不思議な負けだったのではないだろうか?

緊迫溢れるというよりか
重たい重たい試合だった。
[PR]
by shige_keura | 2009-11-10 09:27 | スポーツ | Comments(0)
<< 陸の孤島の救世主 (気分は運転手) 元祖生誕200年 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.