Top
カキの季節
「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」
              正岡子規

「牡蠣見れば腹が鳴るなり夕飯時」
              ?????

”牡蠣を食べるのはRがつく月”、
ならば、9月から牡蠣の季節は始まっている。

しかし、残暑が残る9月、
まだまだ牡蠣には相応しくないと思う。

夏の気配は過ぎ去り
朝晩に肌寒さを覚える頃からが
本格的な牡蠣の季節の到来だ。

今は11月も中旬、
まさに牡蠣の旬と言えよう。
c0135543_9215654.jpg

「よし!!」
それならば牡蠣を主体に
夕飯の献立をやろうじゃないか、と
勇みたったのが11月9日の事だった。





但し、特別な買い物はやめよう。

牡蠣と仕上げに使うカボス以外は
全て我が家の在庫品を活用しよう。

メインの牡蠣は
名付けて”牡蠣のチャイニーズソテー”。

但し、この名前は料理読本から
直接引用したもので
どうしてチャイニーズなのかは判然としない。

何故ならオリーブオイルに加えて
バターも用い、
チャイニーズとは
一風異なった仕上げとなるからだ。

この料理、
結論から言ってしまうと
非常に旨かった。

先ずは、タレを予め作っておく。

豆板醤(小さじ1/2)、オイスターソース(大さじ1)
醤油と酒(各、大さじ2)

今日の牡蠣はまだ小ぶりだったので
16個ほど用意した。(2人前)

牡蠣を水洗いし
キッチンペーパーで水気を取る。
c0135543_9243915.jpg

小麦粉を適度に牡蠣にまぶす。

               (小麦をまぶす工程は
                男として手を抜きがちになるので注意が必要)
c0135543_9251925.jpg

ネギ(1本)を長さ3センチほどに切り揃え、
其々縦に半分に切る。
c0135543_9271517.jpg

フライパンにオリーブオイルを大さじ2杯敷き詰め
中火でネギと牡蠣を焼く。
c0135543_9275120.jpg

牡蠣は勿論、両面を焼き上げるが
余り焼き過ぎないように注意する。
c0135543_9283856.jpg

大皿に焼きあがったネギを敷き
その上に牡蠣を盛り付ける。
c0135543_9292669.jpg

牡蠣を焼いたフライパンを
ペーパーでふき取り
バター(大さじ1)を落とす。

バターが溶け始めたら
用意しおいたタレを入れ
サーッと沸騰させた後
盛り付けた牡蠣の上にかける。
c0135543_9304246.jpg

小皿に取り分けたら
カボスをキュッと絞って
あとは食べるだけ!
c0135543_9313159.jpg

豆板醤とオイスターソースの効果
更にはバターとオリーブオイル。

濃厚な味とカボスの爽やかさが
絶妙のコンビネーションとなっている。

ご飯に良し!酒に良し!!
こりゃ、なかなかいけるぜ!!!
c0135543_932131.jpg

尚、以下の画像は
牡蠣以外に用意したもの。

               (紫大根と普通の大根の葉っぱがこんなに一杯!)
c0135543_9335187.jpg

大根の葉を胡麻油で炒め
醤油と酒で味付けし
鰹節を掛けまわす。

               (でも炒めると”痩せ薬”の使用後誇大広告の如し)
c0135543_935337.jpg

白いご飯に載せれば
何杯も食事が進む。
c0135543_9364720.jpg

紫大根、赤と黒のピーマンの
生野菜サラダは
柚子ぽん酢でアッサリといただく。
c0135543_9374499.jpg


c0135543_938414.jpg

加賀蓮根を薄く切り揃え
素揚げにし塩を振りかけ
蓮根チップス風に仕上げる。
c0135543_9392966.jpg

但し、これは本日の失敗作、
少し油の温度が高すぎて
焦がしてしまった。

               (蓮根の素揚げはどうも苦手だ、
                おまけにデジカメで収録している間に・・・・)
c0135543_9401330.jpg

残念!!
c0135543_9424453.jpg

昨夜の”茹で豚”の残り汁に
タマネギ、シメジ、ピーマン、
人参を入れて
野菜スープに仕立てる。
c0135543_9432651.jpg


c0135543_944579.jpg

いやいや、本日は
良く働きました。
[PR]
by shige_keura | 2009-11-13 09:28 | | Comments(0)
<< 煙は悪魔の意のままか? 陸の孤島の救世主  (妙な駅名) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.