Top
都心の渓谷  (ゴルフボールが鉄砲球へ)
11月20日、快晴。

ここは大井町線の等々力駅。
c0135543_10243426.jpg

なんともローカル線の田舎駅の趣だが
今や、この地は都心の閑静な住宅街へと
変身している。
c0135543_10254417.jpg

しかしながら、駅のほかにも
昔から変わらぬものがある。

それは、等々力渓谷。
c0135543_10295567.jpg

ここには、武蔵野の台地を
谷沢川が浸食して出来た
約1キロにわたる渓谷が
昔ながらの自然の景観を残している。

その渓谷をまたぐように
目に鮮やかな赤い色をした橋がある。
c0135543_10315534.jpg

名前は”ゴルフ橋”!!
c0135543_10323878.jpg

何でこの橋に
ゴルフの名前がついたのか?

何かゴルフ場と
関係があるのだろうか??







実にその通り!

その昔、この橋をバッグを担いで
当時のゴルファーがコースに行く為に
渡ったのが”ゴルフ橋”の名前の由来である。
c0135543_10334468.jpg

時は昭和6年、
文部大臣、鳩山一郎氏が
東急の総帥、五島慶太氏に依頼して
この地に完成したのが”玉川ゴルフコース”だった。
c0135543_10365139.jpg

最初は6ホールで始まったコースは
後に等々力ゴルフ場と名前を変え
9ホールに増設、
瀟洒なクラブハウス、
夜間でも出来る練習場
更には硬式テニスコートも完備されていた。

きっと、昔ながらの
心地よいクラブ組織の中で
ハイカラな人たちの憩いの場となっていたのだろう。

しかしながら開場後8年の昭和14年、
世情風雲急を告げる中
憩いの場は内務省が接収し
高射砲陣地へと姿を変えて行った。

世が世なら
ゴルフの白球に代わって
高射砲の弾丸が飛び交う
地獄の修羅場になったかもしれない。

今は昔の面影は何処にも見当たらず
閑静な住宅街が続くだけである。

ゴルフ場開設80年足らず、
歴史の歯車は
思っても見ない回転をするものだ。
[PR]
by shige_keura | 2009-11-30 08:52 | | Comments(0)
<< 都心の渓谷  (滝の轟き今も尚) 続・スペースシャトルに乗る気分 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.