Top
ミステリー2本
今年は松本清張生誕100周年とあって
特別企画映画祭が
あちこちで行われている。

この機会に
東宝の新作「ゼロの焦点」と
松竹の旧作「砂の器」(1974年)を見比べた。

ミステリーに社会派の言葉がつけられたのは
松本清張の登場以来だろう。

彼の作品が面白いのは
単なる謎解きだけに終始せずに
真犯人が持つ過去の暗い影が
日本の近現代史と
深く係わり合いを持っている所にあるのだろう。

だから、清張の作品からは
従来の推理小説と比べ
格調の高さが感じられる。

しかしながら、その反面
彼の作品には
ある種の暗さ、
哀しさが漂っていることも否めない。

今回の2作品の製作が東宝と松竹。

作品の出来をみてから気がついたのだが
よりウエットな体質を持つ松竹の方が
清張作品を映画化するには
相応しい映画製作会社なのかもしれない。





「ゼロの焦点」も駄作とは言わないが
精々が並の上程度である。
c0135543_9163050.jpg

一方、「砂の器」は
上質の娯楽作品に仕上がっている。
c0135543_917447.jpg

それは主に、
脚本の出来によるものだ。

「砂の器」の脚本は
脂の乗り切った橋本忍と
当時新進気鋭の山田洋次のコンビである。

この二人は
原作にあくまでも忠実に
ドキュメンタリータッチで
ストーリーを組み立てている。

そのタッチが全編に渡り
緊迫感を盛り上げる効果となっている。

その一方で、本には出せない映画の特長、
即ち、映像と音楽を見事なまでに取り入れている。

不治の病に冒された父と
幼い子供が
物乞いをしながら寒村を旅する場面が良い例だ。

この場面の映像の美しさと
バックに流れる音楽はまさに絶妙!

本作品のハイライトと言っても良いだろう。
c0135543_9175847.jpg

一方の「ゼロの焦点」だが
原作を大きく変更したチャレンジ精神は認めるが
それが結局は失敗に終わっている。

最大の失敗は
話が嘘くさく感じられる事だ。

例えばクライマックスの場面なのだが、

金沢市で初の女性市長が誕生し
1階の会場では
喜びに涌く祝賀会が行われている。

ところが、同じ建物の2階では
容疑者が観念して
拳銃自殺しようとしている。

そのとき警察の車が到着し
容疑者の逮捕に向かう為
ドヤドヤと階上に乱入してくる。

そのとき轟然たる
銃声が一発!!!!

ところが1階の祝賀会は
何事もなく進行していく。

こんな事はまさかにありえない。

そのほかにも
ちょっとした脚本の無理が感じられ
見るほうとしては
心地よく映画に入って行けなくなる。
c0135543_9183888.jpg

冬の金沢、
荒涼たる能登半島
場面場面の美しさがあるだけに
原作を妙にいじってしまった事が
大変残念に思えたのであった。
[PR]
by shige_keura | 2009-12-04 16:36 | | Comments(0)
<< 森の中へ  (座学篇) 鼻の高さは女傑の証し >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.