Top
初冬の鎌倉二人旅 (名画の中の景色)
鎌倉二人旅
最後の目的地は腰越だ。

腰越と言えば
干物の”高清”である。

鯵にしても鯖にしても
ここの干物は
身がふっくら、しっとり、
断然旨い!

今日は最もお気に入りのエボダイと
たまにしか店頭に並ばない太刀魚を購入した。

その獲物が帰宅後
夕食を彩った事は言うまでもない。
c0135543_22392750.jpg

さて、腰越での次なる目的は
名画の中の景色を確認することだった。

その名画とは
1963年に黒沢明が手掛けた
「天国と地獄」である。



               (映画の中での見せ場のひとつ
                ここだけ白黒の映画がカラーとなる)
c0135543_22404330.jpg

「生きる」、「羅生門」、「七人の侍」等
数々の傑作を世に出した黒沢明、
中でも最大の傑作が
「天国と地獄」だと私は思う。
c0135543_2243684.jpg

原作はエド・マクベインの
人気シリーズ「87分署」のなかの
”キングの身代金”、
いわゆる誘拐事件物である。

それを、菊島隆三、小国英雄、久板栄二郎、
それに黒沢明のそうそうたる面々が
脚本を担当した。

そのことが、作品を単なる誘拐事件を追うだけでなく
当時の社会情勢をちりばめ
映画史に残る傑作に仕立て上げた。

本作品中、誘拐事件を解くひとつの鍵となるのが
誘拐され、無事保護された少年が描いた
一枚の絵なのである。
c0135543_22464945.jpg

その絵には湘南の海と
太陽と富士山が描かれているのだが
何故か見えているはずの江ノ島が
どこにも無いのである。
c0135543_2247477.jpg

腰越の魚市場で
ヒントを得た刑事は
江ノ島が島ではなく
陸続きに見えるポイントを見出すのだ。
c0135543_22485641.jpg


c0135543_22494881.jpg

その風景に見入っている刑事
その背後を江ノ電がガタン、ゴトンと通り過ぎて行く。
c0135543_22511317.jpg

その音は、まさしく誘拐犯からの
電話から聞こえてきた
かすかな電車音だったのだ。
c0135543_2252497.jpg

こうして刑事達は
狡知に長けた誘拐犯を
ジリジリと追い詰めて行く。

主人公の会社役員に扮した
三船敏郎も堂々としている。
c0135543_22443339.jpg

しかし、この映画を盛り上げているのは
主任刑事、戸倉に扮した仲代達矢と
誘拐犯として鮮烈なデビューを果たした
山﨑務であることは間違いない。
c0135543_22453465.jpg

特に戸倉刑事をして
「あいつは正真正銘の畜生だ!」と言わしめた
不気味にして極悪非道な誘拐犯を演じた山﨑務、
とんでもない天才俳優が現れたものだと
舌を巻いたものだった。
c0135543_22525199.jpg


c0135543_22533255.jpg

機会があれば
是非見て欲しい映画である。
[PR]
by shige_keura | 2009-12-12 13:01 | | Comments(0)
<< 浮き立つ地 初冬の鎌倉二人旅 (鶴と絹) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.