Top
新春歩き初め -4-
c0135543_153562.jpg


              (森繁久弥扮する吉田茂)
c0135543_1554582.jpg

北の丸公園内、
森繁久弥にそっくりの吉田茂像を見ながら
日本武道館方面に向う。
c0135543_1571520.jpg

しかし、何故ここに
吉田茂像がポツンとあるのだろう?

九段下からは上り坂
かつての東京国際マラソンで
高橋Qチャンが失速した場所だ。

しかし、これは相当な上り坂
歩くだけでも少しこたえるのだから
走るのは大変だ。

現存する旧江戸城遺構の中で
最古を誇る堂々たる
田安門(1630年)を左に見て
歩を進める。
c0135543_1583467.jpg

坂を登りきったところで
空腹を覚えた。

折角の良い天気なのだから
コンビニでおにぎりでも買って
千鳥が淵公園で昼にしよう。
c0135543_151007.jpg

運動後のおにぎりの味は格別
満足満足ではあったのだが・・・・・・・

しかし待てよ!公園のベンチで
老人が一人でおにぎりを食べている。

なんとも侘しい光景であるし
見ようによっては
ホームレスと見間違えられるかもしれぬ。

これはいかん!
ともかく早いところ
昼食を済ませ先を急ごう。




半蔵門が見えてきた。
c0135543_15115188.jpg

名前の由来は
御存知、服部半蔵の組屋敷の場所に
因んでのものだ。

尚、半蔵は一人の名前ではなく
服部家代々の当主の通称である。

この時代の半蔵は忍びの者ではないが
徳川家の警護を束ねていた人物だ。

この半蔵門から四ツ谷に通じる道筋には
当時、旗本屋敷で固められており
非常時には将軍を警護しながら
甲州街道から天領の甲府へと
安全に避難させる体制がとられていた。
c0135543_1513344.jpg

さて半蔵門からは下り坂、
視界も開け伸びやかなお堀の景色が広がる。
c0135543_15143094.jpg


c0135543_15153489.jpg

坂を下りきったところが桜田門、
あの幕末の大事件が起こった場所だ。
c0135543_15162138.jpg

見れば桜田門の直ぐ前が
井伊掃部頭の屋敷
僅かな距離の間の駕籠内で
井伊大老は凶事に遭遇したと言うことだ。
c0135543_15171296.jpg

桜田門外の変は安政7年のこと
その後数年で明治維新を迎える
まさに激動の真っ只中の異変であったのだ。
c0135543_1518131.jpg

そのときに比べれば
今の世の中は平和ボケ、
何時になったら傑物が現れるやら。
c0135543_15184694.jpg

視界の中に大群衆
そして鐘や太鼓を打ち鳴らす音響
更には校歌らしき合唱も聞こえる。
c0135543_15192913.jpg

箱根駅伝もクライマックスに違いない。

さー、勝ったか?負けたか?
時計は1時をまわった所だ。

それから、20分ほどした時に
目の前を東洋大の
最終走者が大手町のゴールに向って
力強く駆け抜けていった。

”勝った!やったぜ!!!”

翌朝の新聞には
東洋大の2連覇が
大きく報道されていた。

しかし、実は2連覇を阻止した
一人の老人が存在していた?

そのことはどこにも記されていない。

後日談として、

この日を境に劇的に
体調が戻った。

丁度、風邪が抜けていくタイミングと
歩き初めがピッタリと有ったのだろうが
歩くということは誠に気持ちが良いものだ。

参考、”新春歩き初め”は宮部みゆきさんの
    「平成お徒歩日記」を参考としました。
[PR]
by shige_keura | 2010-01-10 09:04 | | Comments(0)
<< お汁粉をバットで 新春歩き初め -3- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.