Top
思い出のプロ野球選手  -24-
今日の主人公の活躍時期は
それほど昔ではない。

それにもかかわらず
彼のことを取り上げたくなったのは
1月17日に小林繁氏が亡くなったからだ。

ここまで書けばご想像通り
彼は”空白の一日”の主役であり、
結果的に当時、巨人のエース小林さんを
ライバル球団にトレードさせた男だ。

それもスプリングキャンプ前日!
前代未聞の出来事だった。
c0135543_124489.jpg

彼、江川卓、
本心の見えぬ不思議な人であり
投手としての名声とフォームが
これほど違和感のあった男もいない。

私は彼が甲子園の怪物として
世間を驚かせていた時のことは
球場はおろかテレビでも見たことが無い。

だから、江川の天賦の才を楽しみに
神宮球場に出かけたものだった。

マウンドで投球を始めた彼を見て
正直、驚いた。

同時にガッカリした。

剛球投手、速球投手のイメージ
それは金田であり、村山であり
尾崎であり、池永であり、そして江夏だった。

江川のフォームは
期待とは全く裏腹で
先輩大投手の力感溢れた凄みは
微塵にも感じられなかった。

ちまちまとした、小さな投球フォーム、
極端に言えば
内野手の送球を思わせた。

「これが怪物、江川か???
 こりゃ、打たれるなーー」

ところが、江川は相手打線を
苦も無く討ち取り涼しい顔で完投した。

全く常識外れの男、江川がそこにいた。

今から考えれば
小さいフォームにしては
想像できぬ球の伸び。

そして、球の出所が
打者から見極めにくい事が
怪物江川誕生の秘密だったと思う。




さて現役引退後、
解説者の江川に対しては
評価は様々あるだろうが
語り口から判断して
頭の回転は良さそうだ。

つまり、それほど馬鹿じゃないことが
見て取れる。

彼の次なる不思議は
それなりの出来たであろう男が
何故、慶應の入試に失敗したのだろうか?

野球人としては
江川の足元にも及ばぬ球児にとって
野球入学が可能であった時代
何故に彼が試験に落ちたのだろうか?

よほど、慶應側を怒らせる態度があったか?
或いは試験用紙に名前を書かなかった?
そのぐらいしか思いつかない。

真相は藪の中だが
もしかすると、前者なのかもしれない。

それは空白の一日を利用した
巨人入団の記者会見から想像できる。

満場を埋めた海千山千の新聞記者に対し
二十歳を過ぎたばかりの若者がこう言った。

「あまり、興奮しないで下さい」

それはスポーツマンの口から出たとは
信じられぬ冷めた対応だった。

満場が一瞬凍りついたようだった。

この一言によって新聞記者たちは
江川に対してより一層の反感を強めただろう。

他人に不快な念を与える男
それが言い過ぎならば”変わった奴”、
”天邪鬼”それが当時の江川ではなかったか?
c0135543_1232985.jpg

オールスターでの8連続三振
もうひとつで江夏と並ぶ9連続達成か?

ここで見方によっては
バットに当てられることを予見したように
緩いカーブを投げ込んだ。

ファンの期待をあざ笑うように裏切る男、
それが江川だった。

屈折したともいえる
彼の性格形成の
真の原因は分からない。

その彼もすでに55歳
年月が嫌味を消していったようである。

しかし、彼は自分自身については
未だに心を閉ざして語らないようだ。

今後、ユニフォームを着て
現場に戻りたいのか?
或いは解説者として全うするのか?

肝心な質問については
常に”オチャラケ”た言動で逃げてしまっている。

今回の小林さんの死に接し
「悪いことをした」と
涙を浮かべたと言う。

これからも江川は
「空白の一日」の重みを
ひきづっていくのだろう。

それが為に
これからも心を閉ざしていくのだろうか?

考えようによっては
可哀相な怪物、
それが江川卓の宿命なのかもしれない。
[PR]
by shige_keura | 2010-01-20 09:09 | スポーツ | Comments(0)
<< 大森・羽田海道 (貝塚の怪 -1-) 底知れぬ白象! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.