Top
タンシチュウ栄枯盛衰
下の画像は
昨年12月のクリスマスパーティのとき
わが家が用意したタンシチュウだ。
c0135543_21261264.jpg

ブラッセルを皮切りに
足掛け16年にわたる欧州での生活
ここぞのときに食卓を賑わせたのが
このタンシチュウだ。

当時、わが家の横綱と言えば
西(洋)のタンシチュウで
東(洋)のペキンダックだった。

天麩羅、鰻、焼き鳥の日本酒、
紹興酒のペキンダック、
そしてタンシチュウには赤ワイン。

これが私の最も好きな
食材とアルコールのコンビネーションだ。

しかしながら、
ここ数年,タンシチュウの出番が
以前に比べ少なくなった。

原因のひとつは
アメリカ発、狂牛問題だ。

このときを境にして
店先から牛タンの姿が消えた

たまに見かけるのは
和牛の牛タン
当然の事ながら
値段が馬鹿高い。

高いだけならまだしも
シチュウにした場合、
柔らかさと、妙な脂っぽさが
舌に絡まり、美味しくない。

漸く、最近渋谷東急プラザで
豪州産冷凍牛タンが並ぶようになった。

グラム500円見当は
その昔に比べると
3倍ほどの高さだ。

ただ、シチュウにするには最適であり
クリスマスを始め特別な機会には
再び牛タンが食卓に上るようになったのだ。

たかが牛タン、されど牛タン
その歴史も千変万化である。





先週、友人との寄り合いに
このタンシチュウを用意した。

鍋ごと持参し
食べきれなかった残りを
有り難く持ち帰った。

これで翌日の夕食の楽しみが出来たぜ!

なぜならば、残ったタンシチュウを
スパゲッティとパルメジャーノチーズにあわせ
ワインと一緒に楽しむ趣向が出来たからだ。

既に、料理は出来上がったも同然
楽チン、楽チン!

ならば、赤ワインの用意も早めにだ。
c0135543_21285027.jpg

パルメザンチーズの香り豊な
シチュウソースのパスタを口に運ぶ。
c0135543_21294590.jpg

続けて口に含む赤ワインが
パスタの味を盛り上げる。
c0135543_21305088.jpg

至福の一時とはこのことだ。

焼き肉屋の牛タンの塩焼き、
それと比べれば
タンシチュウの味の奥深さは
まさに月とスッポンである。
[PR]
by shige_keura | 2010-02-22 10:30 | | Comments(0)
<< 名調子!! 金メダルの価値 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.