Top
最強の取り合わせ
冬真っ盛り
牡蠣が益々重宝な
食材となっている。

生牡蠣も好きだが
どちらかと言えば
熱を通した牡蠣の方が
飽きが来ないように思う。

色々と工夫しがいのある牡蠣、
食べ方としては
やはりフライ或いはソテーとなるだろう。

ただ、残念なるかな
フライは私の手に負えない。

となると、ソテーとなるのだが
どのように料理してやるか??





そこで考えつくのが、
相棒としてほうれん草の登場だ。

青菜は基本的に冬の食材、
それはほうれん草もご他聞にもれない。

特に季節限定の
甘み豊なチヂミほうれん草は格別だ。
c0135543_21203048.jpg

なにしろほうれん草は
ポパイの活力の源。

そこに海のミルク、
牡蠣が加わるのだから
これぞ天下無敵のレシピとなるだろう。

用意するものは、
牡蠣とほうれん草に加え、
ニンニクと赤唐辛子、
これだけでOKだ!

まずは、牡蠣を薄い塩水で洗い
熱湯でサッと茹でる。
c0135543_21211596.jpg

茹で過ぎは論外であることは
言うまでもない。

中華鍋にサラダ油を熱し
ニンニクと赤唐辛子を炒め
香りが出てきたら
ほうれん草を加える。

ほうれん草がしんなりしてきたら
牡蠣を加え塩、胡椒で味を調整し
最後に隠し味程度に醤油を垂らす。
c0135543_21215337.jpg

いずれも手早く進めることが寛容だ。
c0135543_21224021.jpg

実に簡単至極ながら
アルコールとの相性も良いし
ご飯もモリモリと食べられる。
c0135543_21231280.jpg

食べものは
旬のときに食べるのが一番だ。
[PR]
by shige_keura | 2010-02-26 09:00 | | Comments(0)
<< 砂の好き嫌い 五輪の華 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.