Top
老人と海 (梅は咲いたか、桜は・・・・)
日本の1,2月に代表する花は梅。

「梅一輪一輪ほどの暖かさ」

いつまでも寒いと思っていた冬、
梅が一輪、又一輪と
ゆっくりと花開くのと呼応するかのように
日差しが徐々に春めいてくる。

しかし、頃はいまだ2月末、
日本人の大好きな桜満開までは
もう少し我慢しなければならない。

だからこそ、人々は言った。

「梅は咲いたが桜はまだかいな?」


               (池上の梅林は今が盛り)
c0135543_1647350.jpg

ところが最近は
早咲き桜なるものがはばを効かせるようになり
梅と桜が共に満開の状況を作り出している。

これもひとつの
季節感の欠如と言えるのではないか。





2月24日、4月を思わせる陽気の中
8名の老盗、いや違った”ロートル”が
三浦半島周遊の旅に出た。

京急三浦海岸に集合、
その後、松輪から剣崎まで
三浦台地をそぞろ歩き。

その後、三崎から渡し舟で城ヶ島に上がり
露天風呂で汗を流した後
相模湾に沈む夕陽を眺めよう。

勿論目の前には
海の幸とお酒が用意されている。

魅力一杯の趣向だ!

集合場所を三浦海岸としたのは
勿論特別な理由がある。

かつては大根とキャベツだけのこの地は
今や、早咲き桜の導入により
町の活性化がなされようとしている。

               (三浦海岸駅前の河津桜)
c0135543_16483779.jpg

その桜は、”河津桜”、
”大島桜”と”寒緋桜”の自然交配種として
最近つとに人気を集めている。

              (妻の実家にある寒緋桜の一枝)
c0135543_1650487.jpg

              (大島桜)
c0135543_16515875.jpg

その色は八重桜に近い濃いピンク
真っ白な大島桜よりも
緋色の寒緋桜の血を
より強く受け継いだのであろう。
c0135543_16534892.jpg

三浦海岸駅前の広場
そこの河津桜は既に満開、
艶やかなピンク色が
陽光にキラキラ輝いている。
c0135543_1655866.jpg

見物する方は
艶やかさとは無縁の御同輩だらけ!
c0135543_16554634.jpg

日本の縮図ここにあり。

河津桜の名所
小松が池公園までは
徒歩で15分と至近距離。

途中の小道の片側は
桜と菜の花の
今風に言えばコラボレーションだ。
c0135543_16564686.jpg

しかしながら、黄色とピンク
この取り合わせは
派手派手しさ極まれりであり
日本人の好みには合わない。

仲間の誰かが口を開いた。

「なんだか、お隣の国の
 色彩感覚みたいだなーー」

言い得て妙!!!
お隣の国の団体旅行に見られる
服装の色の取り合わせである。
c0135543_16573366.jpg

小松が池公園、
池の周りの桜並木
ピンクの陰が水面にボーっと浮き出ている。
c0135543_1658787.jpg

直接見るより
池に映った光景のほうが好ましい、
私にとってはそんな河津桜だった。
[PR]
by shige_keura | 2010-02-28 10:06 | | Comments(0)
<< 老人と海  (松輪から剣崎へ) 砂の好き嫌い >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.