Top
春の息吹はほろ苦さ
春の食材は様々あるが
山菜はいまだに季節を感じる
最右翼のものだろう。

山ウド、タラの芽、ゼンマイにコゴミ
そして今日の主役の蕗の薹
最近は栽培物が台頭してきたとは言え
店頭に並ぶと1回は食したい衝動に駆られる。

中でも蕗の薹には
一際思い入れを感じる。

それは1997年から6年間過した金沢の時、
早春の野原で蕗の薹を摘む楽しみを味わったからだ。

まだ日陰には白いものが残っている野原
地面から顔を出している蕗の薹
その新緑の色も相まって
生命の息吹を感じたものだった。
c0135543_19554738.jpg

摘んだ蕗の薹を天麩羅にして
加賀の地酒と共に味わう
古都金沢ならではの楽しみだった。





c0135543_19564889.jpg

上の画像は
22日上越苗場からの帰り道
三国街道の月夜野で求めたものだ。

これだけの量で
お値段僅かの110円!
これは驚きだ!!

さて帰宅後の翌日
早速天麩羅にと思ったものの
生憎予定外に独りとなってしまった。

独りで天麩羅は手間が掛かるし
私にとっては荷が重い料理だ。

そこで思いついたのが”山菜蕎麦”ならぬ
”山菜スパゲッティ”である。

これなら至極簡単に作れるし
不味くなるわけはない。
c0135543_19573910.jpg

食材は蕗の薹、スパゲッティの他には
ベーコンと粉チーズだけ、
但し、粉チーズと言っても
パルメザンチーズの塊を使うこと。

最初から粉の場合と比べると
香りが天と地ほどにも違う。
c0135543_19581588.jpg

茹で上がったパスタに
フライパンで炒めた
ベーコンと蕗の薹を絡め
あとは粉チーズを振り掛けるだけ!
c0135543_19585243.jpg

蕗の薹のほろ苦さと
濃厚なパルメザンチーズの香りが
一首独特の風味を醸し出している。
c0135543_19592554.jpg

苦さと言っても千差万別
ゴーヤの苦さが駄目な私だが
蕗の薹の苦さは美味しく感じてしまう。

ゴーヤの苦さには
ある種のしつこさ、執念深さを感じるが
蕗の薹の苦さにはそれがない。

一過性のサラッとした苦味
それはあたかも春の若さ、
命の芽吹きを象徴しているようだ。
[PR]
by shige_keura | 2010-03-27 11:20 | | Comments(0)
<< 新たな発見、興奮の余韻 雪国、上越、春スキー (新雪に... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.