Top
真のライバル  最終回 (恩讐の彼方に)
「グラウンドの恥はグラウンドでそそぐ」

1961年、巨人退団となった
水原が言った言葉だ。

三原西鉄に3連敗、
更に三原がセントラルに移り率いた
弱小球団大洋にペナントレースで敗北を喫する。

水原にとっては屈辱極まりない経験だ。

先の言葉を吐いた水原が訪ねた家がある。

それがなんと犬猿の仲と目され
永遠のライバル、三原の元だったのだ。

水原はこう切り出した。

「三原さん、俺に今、東映から
 監督就任のオファーが来ている。
 どう思うかい?
 東映ってどんなチームだ?
 それにパ・リーグってどうなんだ?

俺はあんたの率直な意見が聞きたい、
 教えてくれないか?」

ここが、水原の潔い所でもあり
彼にとって最も頼れる男は三原だと
心に決めたことによる行動だ。

三原は水原の訪問を快く受け入れ
彼の考えを余す所なく伝えたと言う。
c0135543_974165.jpg

そのアドバイスももあって、
水原は新天地を東映に定め
2年後チームを日本一に導いていく。

その後水原は再びセ・リーグに戻り
中日の監督を最後に現場から足を洗う。

監督生活21年間、
Aクラス入り19回は素晴らしい。

中日移籍後Bクラスを2年続けたが
最後はチームを2位に押し上げている。

通算9回のリーグ優勝
日本一、5回は常勝巨人を考慮しても
なかなか達成できぬ数字である。





昨年、楽天退団が決定した時
野村監督はこう言った。

「いやー、もう1年やりたかったな」

この言葉の本心は
三原の成績を見ると看破出来る。

三原の監督成績は、

通算26年間、Aクラス14回
通算5回のペナント制覇
内、4回が日本一だ。

この成績だけでは水原に劣るが
西鉄以降、大洋、近鉄、ヤクルトと
弱小球団を渡り歩いたことを考えれば
非凡な数字を残している。

推測だが、彼の最大の自慢は
監督として通算3,248試合に
指揮をとったと言うことだろう。

三原の数字は歴代監督第1位、
続く2位はと言うと
これが野村の3,204試合
その差僅かの44試合である。

野村としてはここまで来たからには
是非とも三原を抜いて
日本一になりたかったことだろう。

水原と三原の最終対決
それは1971年中日・ヤクルトの最終戦だった。

このとき中日が勝利を納めるが
その年の通算勝敗結果は12勝12敗2引き分け
最後まで鍔迫り合いを演じている。

水原がこの世を去ったのが1982年
その2年後、三原は水原のあとを追った。

二人とも奇しくも約73年の生涯だった。

今も二人はあの世でライバル対決を繰り広げているだろうか?

そんなことはあるまい。
c0135543_23383691.jpg

きっと、二人仲良く今の野球を観戦しながら
時には驚き、時には苦笑していることだろう。

今の監督たちは二人からどう映っているのだろうか?

ふたりが合格点をつける監督はいるだろうか?

セ・リーグならば候補者はいる。

ヤクルト、高田、中日、落合
巨人、原の三人は合格候補者だろう。

中では変人監督、落合に対する
二人の評価を聞いてみたい気がする。

一方、パ・リーグでは
王、野村去りしあと
現在の所、候補者すらいない。

水原、三原が腕を振るった当時の野球
あんな野球が今年も見たいものである。

「9回裏巨人の攻撃、
 二死ながらランナーサード、

 得点は2-1西鉄のリードは僅か1点

 バッタボックスは長嶋
 一発出れば逆転サヨナラです。

 マウンド上はエース、稲尾、
 キャチャーのサインを覗き込んでいます。

 3塁コーチャーズボックスの水原、
 ダッグアウトの三原、
 共にじっと戦況を見つめています。
 
 秋の陽はつるべ落とし
 夕暮れ迫る後楽園、

 4万5千の観客が息をのんで見つめる中、

 稲尾、セットポジションから
 第5球を・・・・・・・・」

野球は最高だ!!!

               (水原、三原の銅像前で選抜出場を喜ぶ
                高松野球部、2005年)   
c0135543_9161118.jpg

[PR]
by shige_keura | 2010-04-26 09:20 | スポーツ | Comments(2)
Commented by enzou at 2010-05-06 13:11 x
連載 楽しかったです。
パソコンが壊れなければもっと続いたのでは?残念!!

単行本を出されることを勧めます。
Commented by shige_keura at 2010-05-06 20:50
enzouさん、コメント有難うございました。

この頃の監督は権威があり威厳が感じられたような・・・、
こちらが年をとったせいだけではないようです。

何故ならば政治家を見れば一目瞭然!
<< 緑のブレザーの陰に 真のライバル 12 (続、謎の男) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.