Top
先よし中よし終い良し
5月1日、いまやメーデーは死語となりつつある、
ここは五月晴れの府中東京競馬場だ。

ゴールデンウィークのはしり
おまけにJRAサービスデーで入場無料、
土曜日としては破格の大観衆である。

今日の目的はただひとつ
今年の3歳馬では最強とかねてから思っている
ペルーサが青葉賞に出走してくるからだ。

青葉賞はダービートライアル、
2着まで優先出走権が与えられる他
ダービーと同じ場所で同じ距離を走ることに意味がある。

この馬を私が最も強いと思っている理由は
皐月賞前に2000メートルのレースで
2分を切った唯一の存在だからだ。

あのディープインパクトでさえ
皐月賞までは2分を切れなかった。

このことだけでもペルーサの
潜在能力の高さが窺える。

栗毛が陽を浴びてキラキラと輝く!

パドックで目の前を周回するペルーサは美しく
胸前の筋肉は限りなく逞しく
他の追随を許さなかった。

そして、約30分後、
ペルーサは堂々と1着でゴール板を駆け抜けていった。
c0135543_10302850.jpg

着差4馬身、2着とは0.7秒差の完勝、
他馬が懸命に追い上げても
地の果てまでもその差は詰まらないようだった。





「先よし、中よし、終い良し」

これは競馬で使われる
強くて安定した馬の形容だ。

即ちスタートが出遅れない。

特にスピード重視の現代競馬では
出遅れは致命的な結果を招くことが多い。

ただ、スタートが良くても
良い位置を確保するセンスが重要だ。

これは騎手の腕もあるが
馬の先天的才能に負う所が多い。

決してムキにならず
そうかといって気を抜かず
好位を確保して気分良く
レースを進めることが大切だ。

そして肝心要の最後の直線
ここは馬の闘争本能が勝負を分ける。

狭い馬群を割って出る、
或いは並んでも抜かせない、
馬の血が大いに左右する所である。

今日のレースを見る限り
ペルーサは完璧だった。

まだ比べるのは早いかもしれぬが
追い込み一途のディープインパクトに比べ
ペルーサの方に安定感を感じてしまう。

馬体もディープが450キロ未満と
名馬らしからぬ外見だったのに対し
ペルーサは490キロ、
大きすぎず、小さくもなし
惚れ惚れとする体形をしていた。

今年のダービーの一番人気は確実だろうし
勝つチャンスは極めて高いと思う。

尚、ペルーサの意味?

それはアルゼンチンの英雄にして
大スターのディエゴ・マラドーナの愛称からきている。

なぜならばペルーサのお母さんの名前が
アルゼンチンスターだからだ。

無事是名馬で行ってほしいものだ。
[PR]
by shige_keura | 2010-05-03 18:17 | スポーツ | Comments(0)
<< ネーミング 春の歓び、食の楽しみ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.