Top
1本20万円也!
その時も山々は緑に染まり
五月晴れの空を鯉のぼりが泳いでいたことだろう。

時は江戸時代、1812年
歌舞伎役者の中村歌右衛門は
金3両を払って初鰹を手に入れた。

金3両といえば現代では20万円以上
この上も無く高い買い物だ。
c0135543_983044.jpg

当時の鰹は庶民にとって高嶺の花、
だからこそ、「女房を質に入れても喰いてーな」。

今なら不埒旋盤と取られる言葉が横行していた。

更には鰹が高級魚の証しとしての川柳も
幾つか言い伝えられている。

”目と耳はただだが口は銭が要り”

”俎板に小判一両初鰹”

時は移って現代、
鰹は渋谷のフードショー等で
1000円も出さずして簡単に手に入れられるようになった。

では、この季節、初鰹をタップリと賞味しているか??

そんなことは私の場合は無い。





鰹には独特の臭みがある。

「これがいいんだよ!」と言う人がいるが
私は若干苦手である。

鰹は身が柔らかい。

「そこが鰹らしくていいんだ!」と言う人があるが
これも若干苦手である。

だから、安くても旬の季節でも
わが家の食卓には、鰹は余り登場しない。

しかし、今晩は珍しくも鰹の登場、
いつもと違った魅力的なレシピに惹かれての登場だ。

レシピの名前は無く
無国籍料理と言ってよいだろう。

先ずは各種野菜を適当な大きさに切り揃える。
c0135543_993495.jpg

今晩用意した野菜は
水菜、貝割れ、クレソン、大葉、茗荷の品々だ。

次に、ここがポイントとなるのだが
オリーブオイルをフライパンに敷き
ニンニク・チップスを作る。
c0135543_9103635.jpg

こんがりと狐色に化けるよう
弱火でジックリと仕上げる。

ニンニクを取り出したフライパンに
鰹を入れて焼き色をつける。
c0135543_9112757.jpg

焼き色がついた鰹を取り出したら
水で絞ったキッチンペーパーで熱を冷ます。
c0135543_912831.jpg

あとは、野菜を敷き詰めた大皿に
鰹の切り身を並べニンニク・チップスを散らす。
c0135543_9125232.jpg

オリーブオイル、胡麻油、醤油、酒のタレを用意し
掛けまわして完了!!!

この料理には冷蔵庫で寝かせた冷酒が抜群である。
c0135543_913368.jpg

一切れつまむ、
旬の鰹と野菜のシャキシャキ感、
そしてニンニクチップスの香ばしさが効いている。

そこに冷えたやつを口に含むと
まさにスッキリ、サッパリ!!
喉元爽やかである。

ベランダから見える木々は青葉、
”目には青葉山ホトトギス・・・・・・”である。

この季節の宵の口、
断然気持ちが良い!!
[PR]
by shige_keura | 2010-05-05 09:20 | | Comments(0)
<< 連休最後のブラッド・オレンジ ネーミング >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.