Top
噺半分
どうもこの孫は爺に似て
噺がまことにオーバーのようだ。

「逃がした魚はでかい!」

これはもともとは釣り人が
逃がした魚を惜しんで使う言葉だ。

5月8日午後4時を廻ったころ
孫たちと真名瀬の漁港に釣り見学にでかけた。

浜に行くまでの孫とその友達
釣竿を銃に見立てて
鼻歌と歓声高らかに行進だ。
c0135543_15491911.jpg

そのメロディーは007のテーマ、
上の孫がピアノの発表会で
披露する曲である。

バンクーバーの金メダリスト、
キム・ヨナが使ったことでお馴染みとなったこの曲、
話題性は十分すぎるほど十分だ。

ピアノ曲終了とともに
ポケットからピストルを取り出してポーズを決めろ。

これは爺の入れ知恵であるが
内気の孫は興味はあるものの
踏ん切りがまだついていないようだ。




c0135543_15505396.jpg

4時を廻った堤防の上
さすがに水面を渡る風が冷たさを増してきた。
c0135543_15515754.jpg

孫の友人は寒いといって堤防の陰に避難、
ところが、そこで冷たいジュースを飲んだものだから
早々にリタイアとなった。
c0135543_15525971.jpg


c0135543_15532862.jpg

最後まで頑張っていたのが下の孫、
遂に当たりがきたようだ。
c0135543_15541879.jpg

釣り上げた獲物はフグ、
プックリとして似たもの同士だ。

釣り上げた魚なら
フグでもなんでも満足だ。
c0135543_1555942.jpg

バケツを覗き込んでは
「フグちゃーん、フグちゃーん」と
声を掛けている。

そして出ました最後の決めポーズが!!

「僕、こんな大きな魚釣ったんだよ!!」
c0135543_15554494.jpg

そりゃないだろーー????
[PR]
by shige_keura | 2010-05-12 08:51 | | Comments(0)
<< 危険な任務  -1- 先祖がえり >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.