Top
仇討ち成就か?返り討ちか?
競馬の祭典、ダービーが30日に迫ってきた。

恐らく人気を二分すると思われる
2頭の馬の血筋を辿ると
「サラブレッドは血で走る」が
まさに至言であることを思わざるを得ない。

時は2003年に遡る。

ダービートライアル、青葉賞を快勝し
一躍ダービー候補に名乗りをあげた馬がいた。

その名は、ゼンノロブロイ
大種牡馬、サンデーサイレンスを父に持つ良血馬
関東の名伯楽、藤沢和夫厩舎が
手塩に掛けて育て上げた馬である。
c0135543_925383.jpg

その時騎乗依頼されたのが
東の名人、横山典弘だった。

当時、ダービー未勝利であった彼
勇みたったことは間違いない。

「この馬で勝てなければ
 当分ダービーは手中に収めることはできない」

この横山の言葉が
彼のはやる気持ちを物語っている。

この時、立ちはだかったのが
皐月賞馬で西のエース、ネオユニバース
同じくサンデーサイレンスを父に持つ良血馬だった。
c0135543_942425.jpg

レースは終始好位を進んだゼンノロブロイ、
直線先頭に立ち大願成就なるかと思われたとき
馬群を疾風のように割って出て
ゴールを先頭で駆け抜けたのがネオユニバースだった。

レース後のインタビュー、
顔面蒼白の横山はただ一言、
「騎手が下手だから負けた」
あとは口をつぐんだ。







そして7年後の今年、
ゼンノロブロイを父に持つ若駒が
同じく青葉賞を快勝しダービーに挑戦する。

その名はペルーサ、
デビュー以来4戦負け無し、
2003年と同じく藤沢厩舎が
皐月賞には目もくれず
渾身の仕上げでダービーに送り出してきた馬だ。
c0135543_953523.jpg

青葉賞はダービーと同じ舞台
同じ距離を走るレースである。

それにもかかわらず、
過去の青葉賞馬はただの一度も
ダービーに勝てたことが無い。

それを知りながら
敢えて同じ路線を歩ませる藤沢に
名伯楽の執念とこだわりが見て取れる。

しかも、騎手は同じく横山典弘
今年、最も乗れているジョッキーだ。

しかし、今年もペルーサの前に
立ちはだかる西の強豪がいる。

6戦5勝、皐月賞を制したヴィクトワールピザだ。
c0135543_963669.jpg

何と言う因縁か!!
父はあのネオユニバースである。

親子2代にわたる因縁対決
今年はどちらに勝利の女神が微笑むであろうか?

私が買う馬券??

それはもう決まっている。

東男としてみれば
東の馬に東の騎手がまたがって
ダービーを制する日を見てみたい。

そのとき、名厩舎藤沢和夫が初めて
競馬の祭典を制する日にもなるのだ。
[PR]
by shige_keura | 2010-05-24 09:11 | スポーツ | Comments(2)
Commented by おお at 2010-05-24 23:15 x
サンテミリオンも予想通り勝ちましたね。30日が楽しみです。
Commented by shige_keura at 2010-05-27 22:05
おお様コメント有難うございました。

ところが不思議なものでこのレース馬券的には
外しました。だからギャンブルは分らない???

ダービーはブログも馬券も当てたいと思っています。
<< 24歳の嘘 チーズ・オムライス >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.