Top
原点は森 -3- (芸術原理主義者)
「私は芸術原理主義者、
 すなわちタリバンです!」

国安孝昌さん、セミナー唯一のアーティストの第一声は
迫力に満ち溢れていた。


続く彼の言葉に耳を澄ませたが
これが難しく凡人には理解し難かったが
こんな事を述べたのではないだろうか?

「現代美術はもう終わってしまった。
 すなわち普通、平凡なものとなった。

 21世紀の美術と言うのは
 現代美術の次のステップであるわけだから
 現在のアートの枠を広げていく仕事となる。

 ただ、枠を超えるということは
 単に外に向うことではなく
 一度中心に戻ってから
 反対方向の外に飛び出すことでもある。

 すなわち、一度は原点へ回帰せねばならない。

 江戸時代の日本が大事にしていたものは
 手を入れた自然である。
 これは手付かずの自然の保護を意味している。

 私はこれを目指したい。

 具体的には自然の石と丸太を使って
 自然に手を入れ保護することで
 自然と共生を計って行きたい」




どうもこのような趣旨のようであったが
中身は当たり前の様でもあり
えらく深遠のような気もしてくる。

国安氏自身が
「何を言っているか分らないでしょう」と
述べたとおり、会場には妙な空気が流れていた。

ただ、その空気は決して白けたものではなく
皆がそれぞれに考えをめぐらせているようであった。
c0135543_8292320.jpg

それはさておき
彼の石と丸太を使ったアートから
途方も無い意志とエネルギーと
自己主張を感ずる。
c0135543_833930.jpg

それを嫌味に取る人もいるだろうし、
何でこんな事を・・と認めない人もいるだろう。
c0135543_8321284.jpg

ただ興味深いのは
彼の作品は数年後自然の中に埋れ
風化してしまうことだ。
c0135543_8301898.jpg

国安さんは”自然に手を入れ”保護することで
最終的には”自然に帰る”、
そこに彼の思いが入っているのかもしれない。

職業は異なっても
国安さんと隈さん、
その考えの根本は一脈相通じるものがある。
[PR]
by shige_keura | 2010-05-31 08:35 | | Comments(0)
<< 原点は森 -4- (ハイタカと... 原点は森 -2- (木に戻ろう) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.