Top
”ゴヨウだ!”、”ゴヨウだ!!”
那須はスキー場でもあり高原のリゾート地、
葉山は海水浴場で海辺のリゾート地。

両者共にリゾート地としては
日本の草分けの如き存在だ。

更にもう一つの共通点、
それは共に御用邸を有していることである。

那須街道を真っ直ぐに湯本方面へと登って行く、
途中、御用邸脇を通過して
15分程度でドンドラ駅に到着する。
c0135543_15154469.jpg

あとは5分ほどキャビンに揺られ
到着するのがマウントジーンズスキー場だ。
c0135543_15165341.jpg

12月スキーシーズンの到来
翌年の2月末まで山は雪景色
白銀の中を愛好家のシュプールが躍っている。

雪が消え木の芽が萌え出て
山は新緑に覆われる5月末ごろ
突如、木々に白い花々が咲き始める。
c0135543_15184040.jpg

まるで小雪が散っているかのように。

それが”ゴヨウツツジ”の小さな白い花、
この一帯は日本でも有数の
可憐な花の群生地域なのだ。
c0135543_15195531.jpg

そのころの森の中、
観光客の嬉しげな声が響く。
c0135543_15205867.jpg

「ゴヨウだ!」、「ゴヨウだ!!」






”ゴヨウツツジ”、私は御用邸との関係、
愛子様のお印の花ということで
てっきり”御用ツツジ”と書くのだと思っていた。

それは大きな間違い
漢字では”五葉ツツジ”と書き
要するに葉っぱが5枚あるところから来ている。
c0135543_1522971.jpg

又、この葉っぱ良く見ると
葉の先が黒く色変わりしているのが特徴で
白い花とのコンビネーションが絶妙の
可愛らしさを引き立たせている。
c0135543_15224449.jpg

コンビネーションと言えば
このツツジの多くが
ブナの木に寄り添うように点在している。
c0135543_15233369.jpg

従って、ブナ林の新緑と
五葉ツツジの取り合わせが
初夏の季節感を一層盛り立てている。
c0135543_15242517.jpg


c0135543_1524564.jpg

度々訪れる山中湖畔の森と比べると
那須の森は明るく、柔らかい。
c0135543_15253733.jpg

それは山中湖畔が
針モミを中心とする針葉樹が多いのに対し
那須はブナをはじめ落葉樹が多いせいだろう。

キリットした山中湖畔
柔らかな那須、
森は其々の特色を活かし生きているのだ。

那須連山の主峰、茶臼岳を仰ぎ見る、
いまだに残雪が厳しい冬の名残を告げている。
c0135543_15271831.jpg

生れた初めてスキーを経験したのが
中学1年の那須の地だ。
c0135543_15281181.jpg

当時はゴンドラはもとよりリフトもなかった。

重いスキーを担いで息を切らせて登る。

スキーを履いては見たものの転んでばかり、
那須のスキー初体験は
面白いとは程遠いものだった。
c0135543_1529216.jpg

あれから55年も経ってしまった。
c0135543_15294351.jpg

「スキーか!」
もう一度やってみたい気はするが・・・・・
[PR]
by shige_keura | 2010-06-10 08:55 | | Comments(0)
<< 躑躅も色々ありまして・・・・ “クマさん”のおうち >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.