Top
”底球”ってなーーんだ??
”底球”、”とは何のことだ?
”庭球”の間違いではない。

誰でもが知っているスポーツの名称だ。

”底球”とはベースボール、
即ちベースボールが野球と訳される前に
存在していた言葉である。

では、どうして底球と野球があったのか?
そして、何故、底球が野球に変わっていったのか?

その間に一人の男が存在していたのである。

彼の名前は中馬庚(ちゅうま・かなえ)
鹿児島県の生まれ、
一高時代は名2塁手として鳴らした男で
後年は教育者として活躍した。
c0135543_18245915.jpg

彼は明治26年、一高を卒業する時
「ベースボール部史」の執筆を担当した。

その時、彼の見たベースボールの訳語が”底球”
すなわちBaseを底、基の意味からの直訳だったのである。

中馬はここで首を傾げてしまった。

「底球では庭球(テニス)と紛らわしい、
 なにか良い訳語はないものだろうか?」

あるとき彼は原書の中に
”Ball in the Field”の文字を発見した。

 「あっ、そうか!!
 ベースボールはBall in the Fieldか!

 そうなんだ、テニスは庭で行うスポーツ、
 ベースボールはもっと広々とした野原で行うスポーツだ

 ベースボールは野球だ!!!」

時に中馬庚25歳の時、明治27年、
記念すべき野球という言葉が生まれた。

翌明治27年に刊行された「一高野球部史」に
日本で初めて野球の文字が登場した。

彼は野球が好きで好きでたまらなっかたのだろう、
明治30年日本で初の野球研究書、
その名も「野球」を発表している。

その後、中馬は鹿児島県を皮切りに
新潟、秋田、徳島の各県で
中学校の校長を歴任し
昭和7年62歳でこの世を去っている。

そして昭和45年、彼の死後38年
彼の野球界に及ぼした多大の貢献が認められ
めでたく野球殿堂入りを果たしている。

我々、生涯野球少年にとって
中馬さんの名訳には心から感謝しなければいけない。

”野球”、実に良い言葉である。

この言葉を生み出しただけでも
彼の野球殿堂入りの資格は十分すぎるほどだ。

               (徳島県、脇町高校に建つ中馬庚の碑)
c0135543_18225363.jpg

 



因みに、内野手のショートストップを遊撃手と命名したのも
野球の生みの親、中馬庚である。

アメリカで野球が誕生した時期
投手と2塁べースの間に野手が一人守っていた。

だから、その野手の名前を
SS(Short Stop)、短く遮る野手と名付けられた。

それを野球をこよなく愛した正岡子規が
ショート(短い)、ストップ(遮る)から
”短遮”或いは”短遮者”と当初は名付けたのである。

ショートの最初の守備位置、
言葉の成り立ち等から
野球の歴史を振り返ると
遊撃手には長身の男がいなかった理由も分るのである。

その後、中馬は自分自身で2塁を守っていた事もあり
ショート・ストップは戦列の中で
時期を見て守備位置を変えて
あちこちを固める、言わば”遊軍”的存在として
遊撃手と新たな言葉を生み出したのである。

これまた名訳である!

私は中学、高校時代
ショートを守っていたことがあった。

その理由は背が低い事にあったかもしれない。

それをあからさまに”短遮者”と呼ばれるよりも
”遊撃手”と言われた方が数倍も気持ちが良いのは当然だ。

ここでも中馬さんに感謝せねばならない。
[PR]
by shige_keura | 2010-06-19 08:57 | スポーツ | Comments(0)
<< テニスは庭で リンゴと蛇 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.