Top
蒸し暑い日の昼食
”シャツが肌にベタっとまとわりつく”
28日はそんな感じの蒸し暑い一日だった。

そんな日の一人で摂る昼食、
さて何にしようか??

さっぱりとしたものが良いのは勿論だが
そうだからといって
素饂飩、もり蕎麦一杯では元気が出ない。

冷蔵庫を開けてみると
卵・OK,そして切り落としの焼き豚がある。

冬なら焼き飯だが
今日ばかりはそんな気分ではない。

野菜庫を開けてみると
キュウリとトマトの顔が見えた。

そこで私の考えが決まった。

冷やし中華だ!!!





子供の頃の冷やし中華、
それは絶対に外で食べてはならぬものだった。

その真の理由ははっきりとしないが
衛生上の問題である事なのだろう。

だから、小中学生の頃、
夏場、外を歩いていて
”冷やし中華あります”の看板を見ただけで
そこが不衛生極まりのない店に見えてきた。

冷やし中華の汚名、濡れ衣が晴れたのが大学の頃か?
外でも結構食べる機会が増えた。

一口に冷やし中華と言ってもピンきりだ。

ピンはホテルの冷やし中華
まー、豪勢な具が乗っている。

クラゲ、ハム、鶏肉、錦糸玉子
キュウリにトマトに椎茸諸々。

ではこれがキリに比べ旨いかというと
値段ほどの旨さは感じない。

具の種類が多ければいいってものじゃない。

本日ぐらいが適当なのだ。
c0135543_15184974.jpg

と、いうことで俎板に並んだのは
錦糸玉子(絹とはお世辞にも言えないが)、焼き豚、
きゅうり、茗荷にトマト、
立派なものだ。
c0135543_15191921.jpg

問題は麺である。

何故なら冷やし中華用の麺は無いのだ。

そこでインスタントラーメンを茹で上げ
氷水でもんでシコシコ感を出すべく努力する。

そしてポイントは”ゴマダレ”である。
c0135543_15195386.jpg

練りゴマに塩、酒、ごま油、醤油を足して
秘伝のゴマダレ完成!!

結果は40分ほどの時間を掛けただけのことはあった。
c0135543_15202328.jpg

ただ、惜しむらくは食べる時間がわずかの10分
これは勿体無いなーーーーー。
c0135543_15205774.jpg

[PR]
by shige_keura | 2010-06-29 15:22 | | Comments(0)
<< 波乱の6月 (幕開け) 興趣を削ぐジャッジ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.