Top
2泊3日の急ぎ旅、 ”はるばる来たぜ・・・・”
JRのジパング、”大人の休日倶楽部”に
夫婦で加入している。

特典の目玉が、年に2度ほど
2泊3日の間、JR東日本区域ならば
12,000円で乗り放題となることだ。

新幹線は言うに及ばず在来線も可、
座席指定も予約できる。

今年は6月30日から7月2日までが最初の期間、
さて、何処に出かけよう??

ここで貧乏人のさもしい根性が頭を持ち上げる。

同じ、12,000円ならば
出来るだけ遠くに行ってやろう!

ならば、北の大地、北海道の函館だ。
c0135543_215595.jpg


c0135543_2156116.jpg

帰りがけに十和田に行こう、
何故なら日本中で最も美しいと言われる
奥入瀬の新緑を眺めてみたい。
c0135543_2157154.jpg


c0135543_21574878.jpg

こうして、昔ならば考えられぬ2泊3日の急ぎ旅
函館、十和田の周遊プランが完成した。

癌の嫌疑に逆転無罪を勝ち得た翌日
それこそ身も心も軽く東北新幹線の車中の人となった。

東京から八戸経由で約6時間の旅、
そろそろ目的地、函館が近づいてきた。

函館と言ったらこれはもう"サブちゃん”
北島三郎の”函館の女”である。

”はるばる来たぜ函館へ・・・・・・
 さかまく波を乗り越えて・・・・・・
 あとは追うなと言いながら
 後姿で泣いてた君を
 思い出すたび逢いたくて
 とても我慢が出来なかったよ・・・・・”

この歌が世に出たのは1965年
当時は無論青函トンネルは無かった時代、
東京から函館までは
”はるばる来たぜ”の長い旅、
津軽海峡の”さかまく波”を
それこそ乗り越えねば行けなかった。





ところが今や6時間、
新幹線が開通すれば5時間の旅
とてもじゃないが”はるばる来たぜ”の感慨は無い。

その意味では旅の情緒は薄れたものの
便利と言えば便利になったものである。

時間短縮の最大の功労者は
世界一長いトンネル、
全長113キロの青函トンネルである。
c0135543_22049.jpg

1961年の着工から27年の工事歳月を掛けた結果
津軽海峡を30分足らずで渡れる事となった。

青函連絡船の場合は4時間強、
一挙に3時間以上もの時間短縮を実現した。

もしも今、サブちゃんが歌うとすれば
”さかまく波は遥か上・・”とでもなるのだろう、
何しろ最深部は海底の下240メートルにもなるのだから。

トンネルを覆っているコンクリートの壁の厚さが5メートル、
これがどのような意味を持つのか分からない。

何となく頼りなそうにも思えぬことも無いが
世界に誇る日本の技術力を信頼しよう。

窓の外がパーッと明るくなる。

北海道だ!!!!

先ほどまでの本州の景色と比べ
間違いなく空気は透き通りスカッとしており
欧州の山国、スイスを思わせるものだった。

線路脇の斜面に咲いている
"ニッコウキスゲ”に見とれているうちに
遥か行く手に函館山が見えてきた。
c0135543_2204596.jpg

”函館山のいただき・・・・・
 七つの星も呼んでいる・・・
 そんな気がして来て見たが
 灯さざめく松風町は、
 君の噂も消え果てて
 沖の潮風・・・
 心に沁みる・・・・・”

               (JR函館駅、直ぐ裏が港)
c0135543_2214090.jpg

[PR]
by shige_keura | 2010-07-15 09:35 | | Comments(0)
<< 2泊3日の急ぎ旅 ”形見のバラ” 思い切りねじれろ! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.