Top
2泊3日の急ぎ旅 (歩きや奥入瀬3里半)
明治時代の詩人、随筆家の大町桂月は
奥入瀬を次のように詠んでいる。

”住めば日の本、遊べば十和田
 歩きや奥入瀬、3里半”

地元で木工を営んでいる人の意見。

「奥入瀬の最も綺麗な季節?
 紅葉が良いって人もいるけれど
 地元の人たちのお勧めは新緑の季節だよ。
 奥入瀬の新緑、そりゃ綺麗さーー」

つい先日の日経新聞
”日本の新緑渓谷ベストテン”にて
奥入瀬は圧倒的支持を受け第1位となっていた。
c0135543_11145872.jpg

昨日の雨予報が見事にはずれ
清清しい朝を迎えた。
c0135543_11154420.jpg

奥入瀬散策には絶好の日和、
これはついてるぜ。
c0135543_11162531.jpg

奥入瀬渓流とは普通
十和田湖畔の”子の口”から
”焼山”までの約14キロを言う。
c0135543_11174638.jpg

本日はその中間を切り取って
約4キロの行程とした。
c0135543_11185768.jpg

これならゆるゆる歩いても
帰りのバスには十分に間に合う。





奥入瀬渓流の美しさには秘密がある。
c0135543_1121841.jpg

それは、十和田湖畔で水量を調整しているので
常に川の流れが一定している。
c0135543_11215495.jpg

そのことが川の湖岸
緑に覆われた自然を守っている。
c0135543_1123151.jpg

更に奥入瀬の川の流れが
散策する人の直ぐ横にあるので
川と友達になったような
親しみと心地よさが生まれてくる。

それでいながら川の流れは千変万化、
あるときは遡上する魚を阻む滝となり、
c0135543_1123375.jpg

又、あるときは白い波を逆巻く激流、
c0135543_1124463.jpg


c0135543_11252151.jpg


c0135543_11264180.jpg

そのあとは激流が嘘のように静まり返り
安らぎに満ちた流れとなる。
c0135543_11274433.jpg


c0135543_1128810.jpg

その様子はまるで人生のようだ。

燃える炎と流れる川の水は
いつまで見ても飽きる事はない。

しかし、炎の場合は
時に邪念を生じさせる怖ろしさを秘めているが
川の流れ、特に奥入瀬渓流から感ずるものは
常に心の安定、快い気分である。

途中、川のほとりでお結びを頬張り
冷たいお茶で喉を潤し
心ゆくまで森林浴を楽しんだ。
c0135543_11293853.jpg


c0135543_11301510.jpg

”奥入瀬は全国新緑ナンバー・ワン”
納得、納得!!!
c0135543_1131221.jpg

「歩きや奥入瀬約一里!!」
素晴らしかった!!
c0135543_11355055.jpg

十和田湖からバスで去ろうとしたそのとき
一天にわかにかき曇り
沛然と雨が路上を叩きつけていた。
c0135543_11323441.jpg

[PR]
by shige_keura | 2010-07-21 20:56 | | Comments(0)
<< 狼煙は侘しくたなびいて 2泊3日の急ぎ旅 (乙女の違い) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.