Top
タコの思い出
サッカー、ワールドカップ
思いもよらぬ海の生き物が人気を呼んでいる。

それはドイツ、オーバーハウゼンの水族館に
飼育されているタコの”パウル君”である。

準決勝まではドイツの勝利を予言、的中し
ドイツ国民の人気者(タコ)となっていた。

まさに「タコタコ上がれ!」であった。

ところが、準決勝のスペイン戦では
ドイツの敗北を予想し、その通りの結果となった。
c0135543_924352.jpg

すべての結果を的中しているのだから
褒められて然るべきなのだが
今回ばかりはドイツ国民から非難殺到している。

「サメの水槽に入れてしまえ!」

「サラダ、パエリアにして食べてしまえ」

まー、手の平を返すような罵声、
これでは予想を的中させたタコも浮かばれまい。

ただ、ドイツの人たちの声を聞いて
”おや????”と思うことがあった。

サラダ?パエリア??
ドイツの人たちはタコを食べるのだろうかと?






私が欧州に住んでいた
1990年代の半ばまで
ドイツを含む主に北の欧州では
タコは食用としなかった。

頑固なドイツ人も
最近になって漸く蛸の美味しさが分ってきたのだろうか。

当時、イカ、タコが食べられる国
それはイタリア、スペイン、ギリシャぐらいだった。

それは1980年代の初頭
初めてシチリア島を訪れた時の事だった。

なんの変哲も無いレストランで
昼食に出てきたタコのサラダの旨かった事、
ヨーロッパでこんなに美味しいタコが食べられたのに
心底感激した覚えがある。

料理法はいかにも簡単、
タコのぶつ切りとセロリのざく切り
それにオリーブの実が入ったり入らなかったり。

そこに薄塩と胡椒で味付け、
オリーブオイルをかけまわし
レモンをギュッと絞って終わりである。

これが実に冷えた白ワインとの愛称が抜群なのだ。

ここのところ、渋谷のフードショーで
和蛸の良いのが並んでいる事が多い。
c0135543_8585262.jpg

そこで、昔を懐かしむ為に
早速とシチリア風タコのサラダをやってみた。
c0135543_8594063.jpg

口に含むとオリーブとレモンの味がしみこんだ
キュッとしたタコの食感がたまらない。

その味を更に盛り上げる重要な脇役が
シャキシャキとしたセロリ。
c0135543_903218.jpg

タコとセロリの相性抜群である事をその時に知った。

目の前にはタワワに実ったレモンの木々は無い、
紺碧のイオニア海も広がっていない、
電線の向うに見慣れた都心の風景があるだけだ。
c0135543_9113100.jpg

それでも、タコのサラダは
太陽に輝く実り多き美しき島
シチリアを存分に思い起こさせてくれた。
[PR]
by shige_keura | 2010-07-10 09:06 | | Comments(0)
<< タコの続き 波乱の6月 (逆転判決) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.