Top
高卒か?大卒か? -1-
今日は日米野球界のお話しだ。

プロ野球選手として
特に投手として活躍するには
高卒が良いのか?
大卒の方が良いのだろうか?

アメリカの場合はマイナー組織がしっかりしているので
圧倒的に高卒投手が活躍してきた。

又、日本の場合も
大学で肩を消耗するよりも
高校から直ぐにプロ入りした方が
大投手として君臨するには良さそうだ。

それは過去、現在のエース級投手を比較すれば明らかである。

1.現役 (大卒はノンプロ含む)
  高卒  ダルビッシュ、田中、湧井、岩隈、前田、
       山本昌、工藤、藤川
  
  大卒  杉内、和田、内海、岩瀬

2.OB
  高卒  金田、稲尾、小山、米田、梶本、江夏、
       堀内、鈴木、村田、尾崎

  大卒  村山、杉浦、秋山、藤田、山田久志、平松

まだほかにも好投手が沢山いるだろうが
高校を出て即プロに入った方が
エースとして活躍する投手が多い。





ところがアメリカでは
大分前から状況が変わりつつある。

通算354勝(184敗)の大投手ロジャー・クレメンスは
テキサス大学を卒業しレッドソックスと1983年契約
翌年から頭角を表し計7回のサイ・ヤング賞を獲得した。

               (ロジャー・クレメンス)
c0135543_16563741.jpg

又、通算270勝のヤンキースのエース、
マイク・ムッシーナは名門スタンフォード大の卒業だ。

               (マイク・ムッシーナ)
c0135543_16573249.jpg

そして今メジャーで活躍している
若きエースは大学卒業者に占められている。

T・リンスカム(ワシントン大) 08,09連続サイ・ヤング賞

               (ティム・リンスカム)
c0135543_16581790.jpg

S・ストラスバーグ(サンディエゴ州大) 今売り出しの新人投手

               (スティーブン・ストラスバーグ)
c0135543_1659482.jpg

D・プライス(バンダービルド州大) 現在15勝、チームの勝ち頭
J・ウィーバー(ロングビーチ州大) ア・リーグ奪三振トップ
M・リーグ(ロングビーチ州大)15年ぶりマイナー登板無しのメジャーデビュー

今やジャイアンツというよりも
ナショナルリーグのエースとなった
ティム・リンスカムはこう言ってはばからない。

「エースになる近道はカレッジゲームにある」

彼が言うように上記のカレッジ出の投手達は
僅かなマイナー経験を経て
瞬く間にエースの座へと駆け上がっていく。

どうしてこのような状況が生まれているのだろうか

それは明日に続く。
[PR]
by shige_keura | 2010-09-27 20:37 | スポーツ | Comments(0)
<< 高卒か?大卒か? -2- 密林の王者 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.