Top
にんにくご飯
”にんにくご飯”と書くと
余り美味しそうな料理は想像しない。

しかし、”ガーリック・ライス”となると
これは急に生唾が出てくる
魅力タップリの料理となる。
c0135543_17334751.jpg

9月某日、お昼の刻限、
一人で食べる昼食である。

冷蔵庫を開けて見渡すと
何やら正体不明の物体が見つかった。
c0135543_17344164.jpg

「何だ、これは???・・・・・・・・・・
 アッ!そうか!!!
 一昨日のステーキの脂身が残っていたのか!」

これで、今日のお昼は決まり
ニンニクの香り豊かなガーリックライスで
残暑を乗り切っていこうじゃないか。






ガーリックライスは簡単至極の料理だ。

しかし、ポイントが二つある。

ひとつはニンニク、
間違っても中国産のニンニクは使ってはならない。

ここは、高くとも青森産に優るものはない。

次が牛の脂身である。

ネットでガーリックライスのレシピを検索すると
牛の脂身の代わりに、
ガーリックバター、サラダオイル使用を
勧めているものがある。

しかし、これではガーリックライスと似て非なるもの、
まったく物足りない料理となってしまう。

牛の脂身を細切れにして
フライパンで若干焦げ目がつくまで炒める。

ここで火を止めてフライパンの温度を落とし
繊切りのニンニクを弱火で焦げ付かぬよう炒める。
c0135543_17372429.jpg

彩りに緑の野菜が欲しいところだが
冷蔵庫に残っていた茗荷を使用する。

最後に醤油で香ばしく仕上げるのだが
今日は中華の名店、Wakiyaが作っている
”食べるラー油”で味を仕上げてみた。
c0135543_17363237.jpg

肉の脂身がコクを高め
ニンニクの香りとラー油のピリカラ感!

まことに食欲をそそる料理となった。
c0135543_17381290.jpg

「満足!満足!!」
[PR]
by shige_keura | 2010-10-05 18:50 | | Comments(0)
<< ミステリアスな勝利の女神 信頼回復???? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.