Top
ミステリアスな勝利の女神
スポーツの世界、例えば野球を例にとると
勝利の女神はミステリアスで
時としてとんでもない非情な結末を用意する。

それが監督をはじめチーム全員が
そしてファンまでもが美しい筋書きを描きすぎると
彼女は皮肉な采配をふるう。

その場面、阪神ファンは目を疑っただろう。

9月30日、甲子園の対横浜戦。

阪神にとっては今年、最も大切な試合、
ペナント奪還の為には一つも落とせない。

更に、長い間女房役として働いた
矢野選手の引退試合だ。

試合は阪神ファンの期待通りの展開を見せた、
少なくとも9回の表を迎えるまでは。

3-1と2点リードして
9回、守護神、藤川の投入だ。

阪神ファンはこれでいただき!

優勝の可能性は残るし、
2死からは矢野がマスクをつける。

これで、気持ちよく矢野を送り出せる。

真弓監督はじめチーム全員
球場を埋める大半の阪神ファンも
ずべての人が、この美しい筋書きをくっきりと描き、
まさか壊れるとは夢にも思わなかっただろう。

ところが、藤川が矢野と早く組みたい思いの強さからか?
ストライクが入らない。

連続四球で迎えたのが村田、
4番とは言え全く常識に掛からない男、
何を考えているか分らぬ男。

それは数年前の消化最終試合
引退記念登板の某投手から高々と本塁打をかっとばし
本塁打王に輝いた選手である。

藤川のウエスト気味の球を強振、
打球は高々とフェンスを超え
球場にはなんとも溜まらない空気が支配した。

この一発で阪神の優勝は事実上消え、
矢野の引退試合はぶち壊しになった。

別に八百長しろといっているわけではない
ここで打ってどうするんだ!村田!
良く打てるな!村田!!である。

勿論、正々堂々と打った村田を
褒める声もあるだろう。

それはそれで否定できないのだが
感覚的に私はこういうプロの野球人を
余り好きになれない。






しかし、この非情な結末を見ていて
勝利の女神は過去にも
とんでもない悪戯をしたことを思い出した。

そのときも、監督、選手、ファン全てが
筋書きの実際の完結前に
自分たちで描いたその結末に酔っていた。

それは長嶋巨人時代、
200勝に向って斉藤投手が苦戦していた時のことだ。

相手は広島カープ、
1点差ながら斉藤が勝利投手の権利を得て
残るは9回のみ、
ここで長嶋が押さえで送り出したのが
かつての先発の至宝、桑田真澄だった。

ベンチを出て桑田をコールした時、
長嶋の顔にはこれ以上ないほどの
高揚感に漲っていた。

斉藤、200勝達成のかえ添え役として
桑田ほどの役者はいないだろう。

「どうだ、俺の描いた素適なストーリーは!」

その時、長嶋の脳裏には
勝利を得てベンチに引き揚げる桑田を
満面の笑みで迎える自分が浮かんでいたはずだ。

そして、巨人を支えた両エースが
ガッチリと硬い握手!!

東京ドームを埋めて巨人ファンも
その場面を自分たちで先に想像し
試合終了前に舞い上がっていたに違いない。

しかし、その僅か数分後
逆転2ランホームランを浴びて
マウンド上に崩れ落ちる桑田の姿があった。

勝利の女神は間違いなく存在する。

しかし、このような非情な旗を持って登場する
勝利の女神は好きじゃない。
[PR]
by shige_keura | 2010-10-06 23:04 | スポーツ | Comments(0)
<< 昨日”イケメン”今日”イクメン” にんにくご飯 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.