Top
一冨士、二冨士、三も冨士  -3-
2日午後3時を廻った頃、
ここは山中湖を見下ろす芙蓉台、
ここからの冨士山の眺めも又格別だ。
c0135543_16543389.jpg

冨士山は又の名を
「富嶽」あるいは「芙蓉峰」とも言う。

従って芙蓉台はさしづめ
富士見台と言っても良いのだろう。
c0135543_16553816.jpg

この冨士山へ、一体人間はいつ頃から登ったのだろうか?

598年、聖徳太子が馬で登った、
800年ごろ恒武天皇が、
807年には、弘法大師が登り
石仏を勧進したとの言い伝えがあるが
どれも、史実なのかどうかはっきりとしない。

冨士山頂の様子が克明に記録されたのが
平安初期に都良香が書いた「冨士山記」である。

以降、時代は飛ぶが
1228年、親鸞聖人が
1269年には日蓮聖人が登山し、
冨士山は霊峰であることを物語っている。

冨士山は長らく女人禁制の山だった。

最初の女性登山の記録は1832年
”たつ”と言う名の女性が
男装の行者姿で登山を果たしている。

明治以降は勿論女性にも門戸開放、
今は5合目にはハイヒール姿もチラホラと見かけることが出来る。





それでは富士登山、山頂まで
どの程度の時間が掛かるのだろうか?

通常、5合目まで4時間、
そこから山頂まで5時間
計9時間はたっぷりかかる。

これを3時間弱で登る人がいるのだから驚く。

毎年行われている、富士登山競走だ。

標高770メートルの富士吉田市役所を基点に
21キロ、高低差、約3000メートルの区間を走るイベントだ。

今までの最高記録が男子で2時間37分58秒、
女性でさえ2時間56分31秒と3時間を切っている。

世の中、並外れた健脚の持ち主がいるものである。
c0135543_16564898.jpg

そろそろ、日が西に傾いてきた。
c0135543_16571536.jpg

いつの間にか冨士山の頭上に笠雲が出てきた。
c0135543_16574862.jpg

笠雲の多くは富士山頂か山にかかり
天候は下り坂の兆候となる。
c0135543_16581853.jpg

しかしながら本日は「はなれ笠雲」、
この場合は明日の好天を示すという。

今日一日、久しぶりに秋らしい陽気を満喫したが
明日もこの分ならば期待できそうだ。
c0135543_165948.jpg

そろそろ家に帰り
鍋物と熱燗で温まろう。

(因みに、翌日の天気、「はなれ笠雲」の占いは大当たり!)
[PR]
by shige_keura | 2010-11-10 08:47 | | Comments(0)
<< 「我が青春の女神たち」 -オー... 一冨士、二冨士、三に冨士  -2- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.